引っ越しました

2011年10月からFc2へ引っ越しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お引っ越し

10月からは

http://meimuun.blog.fc2.com/

017_2_1

Anna Olivier (T)

11月の花。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リビングからの眺め(9月)-(2)

切り戻し後のブラッシュ・ノアゼット。 

026_1

011_2_1_2

伸びてきたシュートの先に蕾がいっぱい。

010_2_1_2

019_1

左隣からは、ル・パクトル(T)が伸びてきている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リビングからの眺め(9月)-(1)

8月中、少ないながらもアリスター・ステラ・グレイの花が目に入っていたが、9月に入ったら、赤い新芽が目立ち始めた。

005_1

ぐんぐん伸びて、ちょっとカラフルに・・・

003_1

109_1

128_1_2 

新芽の先には蕾も見える。

123_1

この頃になって、ようやく花殻をカット。

房咲きの最後の花まで待っているから、つい遅くなる。

015_1

開き始めは、クリーム色がかっているが、、、

017_2_1

すぐに白色にかわって、、、

001_2_1

台風前の晴天続きで、次々と咲き始めた。

002_2_1

日差しが部屋の中にも差しこむようになり、確実に秋になったと感じる。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

まだ夏の花(2)

Madame Joseph Schwartz  (T)

029_1

010_1

008_2_1

016_1

9月初め頃、葉がわずかしか残っていなかった枝に、新芽が出始め、あっという間に茂ってきている。

この夏の花が咲き終わるのを待って、少し風通しよくしよう。。。

011_1

012_1

日出海

虫食いの跡、、、雨にもなりそうだし、開くかな?

045_1

General Schablikine  (T)

8月末か9月初め頃、枝を整理したせいなのかどうか、、、久々の蕾。

022_2_1

021_2_1

002_1

Le Pactol  (T)

4~5日前の花と少し違って咲いている。

まだまだ夏の花っぽいけれど、気温が下がれば、さらに変化しそう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

まだ夏の花(1)

9月も半ばを過ぎたというのに、まだまだ真夏のような毎日、、、

ポツポツ咲いているバラも、まだ夏の花。

022_1

Madame Charles  (T)

032_1

034_1

Duchesse de Brabant  (T)

036_2_1

Rosette Delizy  (T)

040_1

044_1

Spice  (T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アリアンス・フランコ・リュス(9月)

Alliance Franco Russe  (T)

018_1

9月に入って新芽が伸び始めているが、夏の間にだいぶ葉を落としていたため、何だか枯れ木に花が咲いているように見える。

020_1

まだ小さい夏の姿。

021_1

蕾もいくつか控えていて、、、

023_1

いつのまにか、開いていた。

あと、いくつか咲きそうだが、それで夏の花はお終い、、、たぶん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相性?

先住庭猫である、はなと、、、

035_1_2 

今年になって定住を決め込んだらしい、ボス、、、

034_1

012_1

庭に出ると、どこからともなく姿を現す。

030_1

031_1

毛繕いしたり、されたり、、、

はなとボスの関係は、いちおう平和な状態が続いているが、、、

152_1

いまだに停戦状態にならないのが、ちょび。

出くわすと、はなやボスに追いかけられているので、なかなか庭では寛げない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ル・パクトル (9月)

Le Pactol  (T)

006_1

たぶん9月に入ってからだと思うが、みるみるうちに1m超伸びたシュートが1本。

クリーム色系の花が咲き始めている。

001_1

厳しい残暑の中で、朝日を浴びて開き始めていた花が、昼過ぎには開ききっていた。

004_1

勢いのあるシュート、、、剪定によっては半ツルタイプかな・・・

010_1

Blush Noisette (N)

かなり切り戻した枝では、やっと蕾があがりはじめたところだが、花殻をとったくらいの枝では、夏中ぽつぽつと花をつけている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏のチャイナの花

Slater's Chrimson Chaina   (Rosa Chinensis Semperflorens)

058_1

061_1

060_1

056_1_2

枝を広げている柿の木の下で、夏でも朝のうちしか日が差さないためか、5~6年経ってもヒョロヒョロで、花も数輪咲くくらい。

でも、枯れもせず頑張っていてくれる。

009_1

Mutabilis

011_1

006_1

強健さでは定評のある筈だが、春先に突然枯れてしまった(原因わからず)。

どうしようかな~と思ったが、色合いの変化する一重の花を傍に置いておきたくて、挿し木苗を購入。早速、花を楽しめた。

015_1

Martha Gonzales

017_1

樹高0.6m、中小輪の花、、、

これも新しく仲間入りしたばかり。

似たようなチャイナがすでにあるけれど、何種類かあると、常に何か1~2輪でも咲いているという楽しみがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«デュプレ・ア・フルール・ジョーヌ (8月後半)