« レーブ・ドール | トップページ | 日出海 »

シティ・オブ・ヨーク

シティ・オブ・ヨーク(LCl)

1945年  独  一季咲き

クリーム黄色の蕾から開くにつれて白くなる半八重カップ咲き。

細枝の横張り性でパーゴラやフェンスに向くというが、うちでは北側の窓辺に誘引している。

Img_9447_1_2

Img_9854_1_2

Img_9857_1_2

Img_9659_1_2

Img_9662_1_2

Img_9663_1_2

Img_9768_1_3

Img_9863_1_3

Img_9862_1_2

Img_9763_1_2

つるバラは足元が寂しいくなるので、日蔭に強いアメリカイワナンテンやハランなどでカバーしている。

Img_9769_1

直射日光は当たらないけれど、平屋部分の明るい日陰のせいか、そこそこ花も咲いてくれるし、細いつるもけっこう伸びて、いつのまにかアベリアの茂みの中に紛れこんでいた。

|

« レーブ・ドール | トップページ | 日出海 »

クライミング(Cl)」カテゴリの記事

コメント

きゃらぼう、こんばんは~♪


シティ・オブ・ヨーク♪
半八重カップ咲きでメッチャ可愛い~~(*´ー`*人)

すごいなぁ~ 色々と誘引の仕方を考えてるのね~^^
うんうん、つるバラは足元が寂しくなるよね!
なるほど・・日蔭に強い植物でカバーしてるのね~~ フムフム・・

コツコツ勉強させていただきますですよ~♪ φ(・ω・^ )

投稿: まーちゃん | 2009年5月13日 (水) 22時50分

まーちゃん、こんにちは~♪

このバラは8年位前に、白いつるバラということで買ったんだけれど、花も植え場所も大正解でした~~~^^

大きくなりすぎて持て余したつるバラもあるので、私もあちこち覗いて参考にしています。

バラの足元用に一年草をあれこれ植えてみるのも楽しいですよ~(^^♪

投稿: きゃらぼう | 2009年5月14日 (木) 13時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194339/29594554

この記事へのトラックバック一覧です: シティ・オブ・ヨーク:

« レーブ・ドール | トップページ | 日出海 »