« 夏の花(こぼれ種)・・・1 | トップページ | バフ・ビューティー »

夏の花(こぼれ種)・・・2

毎年、必ず芽が出てくるガウラ。

宿根もするけれど、新しく伸びてくる方が綺麗に咲いている。

064_2_1

065_3_1

ガウラ(コロナ)

本来は白とピンクのグラデーションの筈が、こぼれ種のせいか色の出方が不安定。

040_3_1_2

921_1

ガウラ(リンドハイメリー)

043_2_1

庭の真ん中で大株になっている。

1m以上伸びているが、ちょうどグルス・アン・アーヘンやティー・ローズの枝が支柱の役目をしていて倒れるのを防ぐと同時に、バラの葉がなくてもたいして目立たなくて一石二鳥かな~?

006_1

フィリス・バイド( Cl Pol)の花。もう散りそうで散らない・・・

162_1

160_1

1週間位前、ポツンと花をつけていた。

これで秋まで、しばらくお休みかな・・・

|

« 夏の花(こぼれ種)・・・1 | トップページ | バフ・ビューティー »

クライミング・ポリアンサ(Cl Pol)」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

ガウラは好きな花なのですが、
枝が乱暴で何時も困っていました。

薔薇の間に自由に育てると、草原みたい。
そうしようかな?

フェリスバイトは花持ちの良い花なんですね。まだ小さいですが育てているので、楽しみです。最後のグリーンがかった時が気に入ってます。

投稿: toki | 2009年8月20日 (木) 16時39分

tokiさん、こんばんは。

長く伸びて風にそよぐ感じが良いけれど倒れやすくて困るんですよね。
たまたまバラに囲まれたところに芽が出てきてそのままにしておいたら、バラの花の少ないこの時期にガウラが広がって咲いてちょうど良かったです~^^

ゴボウのような直根性なのでバラの邪魔にもならないようだし、野村和子さん著の「憧れのローズガーデン」の中でもコンパニオンプランツとして紹介されているので、相性が良いみたいですョ。

フィリス・バイドは花持ちの良さ抜群の強健種だそう。
よく枝分かれするので、どう誘引しようか考えてしまうけれど、村田晴夫さんによると、壁面、とくに窓廻りの誘引が合っているとか・・・
うちでは窓のフェンスに誘引しているけれど、枝数が多いので冬に少し減らそうかなと思っています。
咲き終わりのグリーンがかるところ、いいですよね♪

投稿: きゃらぼう | 2009年8月20日 (木) 21時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194339/31032810

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の花(こぼれ種)・・・2:

« 夏の花(こぼれ種)・・・1 | トップページ | バフ・ビューティー »