« ラマルク | トップページ | ウエストサイド・ロード・クリーム・ティー »

蜂屋柿

庭で一番大きな蜂屋柿の木。

この蜂屋は干し柿に向いている品種で、うちでも以前は皮を剥いて軒下に吊るしたりしていたが、暖冬気味になってからは黴が生えてしまって、干し柿が作れなくなくなった。

最近は渋抜きしてから食べているけれど、今年は例年より落ちてしまう実が多くて、食べられそうな実がゴロゴロ・・・・・ア~ァ、もったいない!!

013_4_1

047_3_1

046_3_1

039_3_1

070_3_1_3

038_4_1

071_2_1

072_1

016_6_1

058_2_1

059_3_1

こぼれ種のインパチェンス。

昨年植えていない花色も出てくるからおもしろい。

062_2_1

003_10_1

ガーリック・チャイブ(エゾネギ)の花。

066_1

ゲンノショウコ

関東では白花、関西ではピンク花だそう。

ゲラニウムと同じフウロソウの仲間。

 

|

« ラマルク | トップページ | ウエストサイド・ロード・クリーム・ティー »

植物」カテゴリの記事

コメント

きゃらぼうさん、こんばんは。

子供の頃軒下に吊るして作った干し柿は、美味しかった~~~
市販されているのはどうも美味しくなくて、作りたいなと思っていたのですが、温暖化で無理なんですか(残念)

勿体無いですね、コロコロ落ちてしまって・・・
大きな柿の木、羨ましいです。秋ですね。

インパチェンスはそんなにコボレ種で咲いてくれるのですか、実生の花は可愛い~~~

投稿: toki | 2009年10月 4日 (日) 19時37分

tokiさん、こんばんは。

たしか’80年代のうちは祖母が毎年作っていた筈・・・
冷え込まないのは楽だけれど、出来なくなるものがあるというのは寂しいです。

例年、実が青いうちはけっこう落ちるけど、色付いてからこんなに落果するのは初めて。
もう一本の富有柿も今年はミノムシの被害大・・・

そのかわりでもないでしょうけど、今年はこぼれ種の発芽率が良かったです。
あまり綺麗に片付けないで、やりっぱなし位の方が種も残るみたいですね。

ローズ・アンティークさんでオータム・セールが始まりましたね。
ちょうど欲しいティーがあったので、思わず注文してしまいました~。
相原さんにも秋苗の予約開始で原種を頼んでしまったし、もう増やさないようにと思った気持ちはどこかに飛んで行ってしまいました。

投稿: きゃらぼう | 2009年10月 5日 (月) 00時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194339/31623930

この記事へのトラックバック一覧です: 蜂屋柿:

« ラマルク | トップページ | ウエストサイド・ロード・クリーム・ティー »