« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

バラと多肉と猫と・・・

いよいよ今年も後わずか。

大掃除などあまりしないつもりでも、ガラスくらいは綺麗にしなければとやり始めたらきりがなくなって、掃除で一日がおわってしまった。

033_1

056_1

ベンケイソウ科コチレドン属 銀波錦

141_1

心配した夏もなんとか越して、紅葉しはじめている多肉達。

016_1

020_1

アルシデュック・ジョゼフ(T)

063_2_1

ブラッシュ・ノアゼット(N)

125_1

掃除のために窓を開けたら、さっそく夢雲が外の様子を覗きにきた。

124_1

132_2_1

130_1

猫の手も借りたい忙しさなど、どこ吹く風、、、

まぁ~邪魔しないだけ良しとしなければ。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

冬のバラ

さすが四季咲きだけのことはある~!とばかり、まだまだ咲いている。

092_1

093_1_2

094_2_1

095_1

クィーン・エリザベス(HT)

025_2_1

097_1

レディー・メリー・フィッツウィリアム(EHT)

022_2_1

023_2_1

029_1

028_1

銀河(Ch)

寒くなっているというのに、まだ蕾もいっぱい。

葉もそれほど落ちないので、 ここ2~3年前から咲きたいように咲かせている。

ティーなどあまり強剪定しないバラが多いので、2月頃まではこのままかな。

111_1

気持よさそうな類。

109_1 

お手入れ中の美里。

103_1

窓をあけても寒くないぽかぽか暖かな日。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

レインボーの蕾

秋にローズ・アンティークさんから届いたティー達の一つ、レインボー。

届いた時は蕾が付いてなかったので、花は来春のお楽しみかと思っていたが、11月頃から蕾がいくつか・・・

先日の寒さにもめげず、開きそうな気配になってきて期待できそう。。。

031_1

036_3_1

042_2_1

033_1

035_3_1

暖かかったり寒かったりでウドンコなどが出てきているが、何もせず放置状態。

047_2_1

Rainbow(T)      1889年  米

切り花用として人気があったというPapa Gontier(T)の枝変わりで、やはり花茎が長い。

ティーでは珍しい斑入りの花の筈だけど、どんなふうに咲くかな~?

045_1

マダム・ジョゼフ・シュワルツも相変わらず元気。

049_1

レーブ・ドールの新芽にアブラムシがいっぱい~と、よくよく見たらヒラタアブの幼虫がクルリと丸くついていて、頼もしい味方も出現していた。

やはり暖冬なんでしょうね・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元気なアルシデュック・ジョゼフ

クリスマスを過ぎてもまだまだ咲き続けそうなアルシデュック・ジョゼフ(T)。049_1

051_1

048_1

025_1

今のところ、時間はかかるけれど蕾が固まる様子もない。

地植えにして2回目の冬を迎えるが、2m以上も伸びて大きくなって蕾の数も増えている。

007_1

ジェネラル・シャブリキン(T)。

外側の花弁がちょっと寒さで傷んだが、ジョゼフほどの数はないけれど長く咲いている。

090_1_2

ロゼット・デリジー(T)

040_2_1_2

042_1_2

頻繁に蕾をつけるけれど、なかなか綺麗に開かない。

この花達もかなり長い間この状態で、たぶん開ききらないで終わりそう。

044_1

家の中に入ったばかりの頃は居心地悪そうだった鈴菜も、、、

004_1

類や凛のお気に入りの場所で寝ていたり、、、

(類ははみ出しているけれど鈴菜はすっぽり)

068_1

069_1

好きなトイレも決まり、、、

077_1

まぁまぁでしょうか?

朝のうちはニャアニャアコールが暫く続くけれど、何とか室内猫におさまってくれそう・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今年のクリスマス

我が家でも子供達が小さい頃はクリスマスは一大イベントで、ツリーなど飾り付けを楽しんだものだけど、それもわん・にゃんがやってくるまで・・・

特に猫が増えるとともにどんどん縮小。

115_1

114_1

117_1

久々にピアノの上に飾ってみたが、類が早速チェックにきた。

落とされたら沙羅の餌食になってしまうので、残念ながら撤収・・・

167_1

リースは届かないドアーに飾り、

149_1_2

156_1_2

ほかのディスプレーは、いつものように玄関脇の出窓に。

昨年 SNSで掲載した画像をみつけたが、くらべてみると今年はかなりあっさりめのクリスマスかも。

Img_5137_1

Img_5108_1

来年はどんな感じになるだろうか。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モノクロ写真(2)

やはり、以前モノクロ・モードで撮ったもの。

Img_8681_1_2

足だけ・・・

Img_8682_1

日菜のお気に入りの場所。幅10cmもないような窓枠なのでスリムな頃は収まっていたが、だんだん足がはみ出るようになってきた。

Img_8677_1

Img_8662_1

Img_8672_1

Img_8675_1

Img_8674_1

被害をうけているのがブラインドの羽。壊れるまでは今のところいっていないけれど。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

モノクロ写真(1)

以前、某SNS(今は退会しているが)でお題を決めて撮っていた写真、、、

もと兄さんがブログに掲載なさっていたので、懐かしくなりフォルダをひっぱりだした。

Img_6970_1

Img_6907_1

Img_6947_1

Img_6941_1

Img_6939_1

それまで写真とは見るもので、撮るのはまったく興味がなかったが、仲間にいれて頂いて、とりあえずシャッターを押すようになった。感謝です。

1か月ごとのテーマ設定で、この時のお題は「モノクロ写真」。

コンデジのモノクロモードで簡単に撮れるので、何枚も撮っていたことを思い出した。

モデルは凛。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

12月のジェネラル・シャブリキン

12月にはいっても蕾をいくつも付けているジェネラル・シャブルキン(T)。

雨の日など寒さにあうと進まず、一週間以上かかったが、それでも固まりもせずに綺麗に開いた。

040_1

012_1

036_1

018_1

029_1

春はどんどん咲き進んでしまうけれど、この時期は本当にスローな動きで一輪でも長く楽しめる。

011_1

028_1

初鶯

まだ2年目の株で力不足なのか、ここまでで終わってしまった。

今年の初鶯は古株の方も調子がパッとせず、強剪定がよくなかったのかも・・・

006_1

ゴムの玩具をカジカジしているVIVI。

008_1

VIVIの横を急ぐ様子もなく通っていく夢雲(むうん)。

うちのにゃん達、、、沙羅や綺羅々には警戒気味だが、VIVIは空気のような存在らしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

12月のミス・アトウッド

11月初めに咲きだしたミス・アトウッド(Found Tea)。

一斉に咲かずに、代わる代わるゆっくりと咲いているが、気温が下がるにつれて花形も変わって咲いていた。

011_2_1

005_2_1

11月初めのミス・アトウッド。

005_5_1

004_3_1

025_3_1

続いて咲いた花は、花弁の数も反り返りもいくらかあっさりめ。

133_1

131_3_1

129_1

152_2_1

151_1

149_2_1

146_3_1

先週までは暖かだったので綺麗に咲いていたが、それにしても咲く花ごとに花形が変化して面白い。

まだ小さな蕾がいくつかあるが、さすがにこの冷え込みではもう開かないかな?

072_1

綾桜 (ベンケイソウ科センペルヴィヴム)

センペルの中では大型かな?夏前のまだ紅葉している姿。

106_1

無事に夏をのりきって、子株も大きくなってきたので、先日切り離して別の鉢に植えたが、ちゃんと根付くかちょっと心配・・・

001_1

今朝のヒーター前の沙羅&綺羅々。

002_1

010_1

東京ではこの冬一番の冷え込みということで、今日はにゃん達もリビングに集まっている。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

エンジェルズ・キャンプ・ティー

北風がまともに当たり、かろうじて1時間くらい日照があるかなという場所に植えているエンジェルズ・キャンプ・ティー(Found Tea)。

蕾があるとは思っていたが、気付かないうちに開いていた。

001_4_1

005_4_1

010_5_1

011_4_1

012_3_1

よくよく見ると招かれざるお客(アブラムシ)付きの蕾達・・・冷え込まなければ開くかな?

083_2_1

先週土曜日(5日)の夜、家に帰ってきた鈴菜。

新しい生活に馴染んでくれるといいんだけれど・・・

074_2_1

075_2_1

日曜日の朝、ケージから出したが不安そう、、、

013_1

でも、冬の寒い夜の間だけこの部屋のケージにいたことを覚えているらしく、暫くして覗いたらお昼寝中。

019_1

さらに暫くしてそ~っと様子を見にいったら、他のにゃん達は近寄らないのに、類が気にする様子もなくいつもの場所でぐっすり~~~

022_1

023_2_1

この部屋にはトイレもおいてあるので、鈴菜は思いのほかすんなり使っていて安心したが、日菜や美里がとまどっているので、トイレの位置を変えて様子見中。

♂にゃん達はまぁまぁみたいなので、♀にゃん達が黙認してくれれば良いんだけれどね・・・

| | コメント (9) | トラックバック (0)

アブラハム・ダービー

12月に入っても、細い枝先に咲いているアブラハム・ダービー(ER)。

110_1

112_1

114_1

116_1

121_1

バラを増やすつもりがなかった頃に植えたので、南側の特等席をこのダービーやアイスバーグなど強健種が占有している。

本当はこの場所に日当たりを好むティー達を植えたいところだが、繰り返し性の強いバラ達が故に冬中、花を見れるというのも魅力だし、何より無精者としてはなるべく手抜きでというのが本音。。。

147_1

046_1

045_1

シュウカイドウ

中国、マレー半島原産の宿根草で、日本に唯一野生しているベゴニアの仲間。

日当たりの良くない場所でも花付きがよく、庭の環境が合っているのかよく増えて困るくらい。(半日陰の湿り気のある場所が適しているそう)

Getattachment3_1

ラブラドル・レトリバーのエンヤちゃん。

先日、先代GRからのわん友さんから届いた写メ。11日で満1歳になるきゃぴきゃぴの女の子で近々遊びにきてくれる予定・・・久しぶりに沙羅も思い切り遊べそう。

Getattachment4_1

姪の長男(1歳。私の両親にとっては初曾孫)とケヅメリクガメのサスケ(♀)。

姉からの写メで、カメと同じくらいなのが可愛い~と一人でニヤニヤ・・・^^

シニアのわん・にゃん達も和むけれど、こういうヤングには元気を貰うような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅葉

今年は柿の葉が紅葉する間もなく散ってしまったが、枝垂れもみじがなんとか色付いてこの場所だけプチ紅葉狩りの気分。

162_1

222_1

223_1

221_1_2 

225_2_1

165_1

215_1

217_1

159_1

昨年は枝を剪定しすぎて花が少なかったサザンカ。今年は7月以降はそのままにしておいたら、花芽がたくさんついていた。

226_1

227_1

210_1

212_1

ロゼット・デリジー(T)

丈夫でよく蕾をつけるけれど、ここから咲き進むかどうか・・・

079_1

063_2_1

デュシェ(Ch)

まだ小さな苗のせいか開ききらずに散ってしまった。来年以降どんな花が咲くか楽しみ。

003_3_1

119_1

我が家の第1号にゃんの命(めい) ♂  1995年春生まれ。

3年前、歯槽膿漏の治療がきっかけで慢性腎不全と診断された。

初期の段階?で気が付いたのが幸いなのか、家で皮下補液はしているがのんびりと過ごしている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

独り占め

今朝のヒーターの前での光景・・・

137_1

類とちょっと遠慮がちな?沙羅。

138_1

沙羅が寛ぐ体勢になりかけた途端・・・

139_1

類の気にいらなかったらしく、一喝されて・・・

140_1

141_1

142_1

まったく反撃することなく、スゴスゴと綺羅々のいるハウスへ。

143_1

119_1

温風があたる特等席を類が独り占め。

他のにゃん達は大きなレトリバーにあたらずさわらずだけれど、類と日菜は優先権を主張する。

攻撃的でないレトリバー達だから無血で済んでいるが、前にいたハスキーだったら、同居できたかは疑問。。。

065_1

ピンクの色が殆ど発色していないヘリテージ(ER)

081_1

058_1

根元近くから伸びた、割り箸より細い枝に花の重みで完全に俯いて咲いている。

ヘリテージは今年最後の花になりそう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »