« 12月のミス・アトウッド | トップページ | モノクロ写真(1) »

12月のジェネラル・シャブリキン

12月にはいっても蕾をいくつも付けているジェネラル・シャブルキン(T)。

雨の日など寒さにあうと進まず、一週間以上かかったが、それでも固まりもせずに綺麗に開いた。

040_1

012_1

036_1

018_1

029_1

春はどんどん咲き進んでしまうけれど、この時期は本当にスローな動きで一輪でも長く楽しめる。

011_1

028_1

初鶯

まだ2年目の株で力不足なのか、ここまでで終わってしまった。

今年の初鶯は古株の方も調子がパッとせず、強剪定がよくなかったのかも・・・

006_1

ゴムの玩具をカジカジしているVIVI。

008_1

VIVIの横を急ぐ様子もなく通っていく夢雲(むうん)。

うちのにゃん達、、、沙羅や綺羅々には警戒気味だが、VIVIは空気のような存在らしい。

|

« 12月のミス・アトウッド | トップページ | モノクロ写真(1) »

ティー(T)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

きゃらぼうさん、こんばんは。

ジェネラル・シャブルキン寒さで花びらが傷んでいないですね~~

霜で花びらが傷まない薔薇を見つけたい。
今年の気になるテーマです。埼玉で見ているのですが、アルシデュックは大丈夫そうですが、チューイン、銀河は傷みそうです。元気な薔薇を見つけて来年は遅い剪定しようかな~~なんて思っています。シャブルキンも良いですね。

裏にミセス タッドリー クロスが有るのですが、やっぱり花が満足に開いてくれません。同じですね。

日菜ちゃんと美里ちゃん模様が違いました。三毛でも白が多いので、似ていますね~~
VIVIちゃんの後姿、なかなか可愛い。
沙羅ちゃんや綺羅々ちゃん大人しいのに、警戒するんですか、面白いですね。

投稿: toki | 2009年12月20日 (日) 02時36分

tokiさん、こんにちは。

>霜で花びらが傷まない薔薇

う~ん、あまり意識していなかったけれど、たしかにシャブリキンやジョセフは綺麗に開いていますね。
うちでは、銀河やマダム・ジョゼフ・シュワルツ、庚申バラ、オールド・ブラッシュなどが、あまり傷まずに咲いているような気がします。

tokiさんは色々テーマを設定なさるので、今まで気付かなかった事も気をつけるなどズボラな私にはとても参考になっています~♪

日菜と美里はどちらも白っぽいので、丸まって寝ていると見分けがつきにくいです。
ほかにサビとかガチャ三毛とか呼ばれる毛色のにゃんがいるので、そのうちに紹介したいと思います。
レトリバー達は大きいというだけで用心され、さらに沙羅は動きが騒々しいので、もう5年目だけどいまだに迷惑がられています。わりと平気なのは類くらい・・・

投稿: きゃらぼう | 2009年12月20日 (日) 17時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194339/32651671

この記事へのトラックバック一覧です: 12月のジェネラル・シャブリキン:

« 12月のミス・アトウッド | トップページ | モノクロ写真(1) »