« 1月のアルシデュック・ジョゼフ(3) | トップページ | 1月のバラ(5) »

三にゃん三様

昨年暮れから室内猫の仲間入りをした鈴菜。

012_1_3

9日から体調を崩して再入院したが、1週間程で無事帰って来れた。

022_1_2

021_1_2

鈴菜の傍でお手入れ中の美里。

023_1_2

あまりこの部屋には来ない日菜がやってきて通りすがりに鈴菜にシャーと一声。

025_1_3

027_1_2

美里、鈴菜、日菜、、、この3にゃん達は大人になってから来たので年齢不詳だが、シニア世代にはなっている筈。

036_1

部屋の外側で寛いでいる、ご近所のキジトラさん。

ずいぶん馴れてきて、スリスリゴロゴロするようになったが、油断禁物。たまに爪が出る。

045_1

ペネロープ(HMsk)の実。熟して真っ赤な色。

044_1

クレプスキュル(N)の実

043_1

白山吹の実

|

« 1月のアルシデュック・ジョゼフ(3) | トップページ | 1月のバラ(5) »

」カテゴリの記事

コメント

きゃらぼうさん、こんにちは。

お正月から鈴菜ちゃん、大変でしたね~。
食欲が無くなるんですか?

寒い冬に体調が悪くなって、寒くて凍えている様子を思い浮かべてしまいました。
シニアの猫を助けるなんてなかなか出来ない事だと思います。
お金もかかるし、なつかないし・・・
きゃらぼうさんが居てくれて、鈴菜ちゃん幸せですね。
のんびり寝ている写真を見るだけで、私まで幸せに成ります。

ペネロープの実綺麗に色づいてますね~~
初めて見ました。実の大きさも良いし、実で遊べる薔薇だったんですね。
白山吹の実の付いてる風景も綺麗。

投稿: toki | 2010年1月25日 (月) 16時49分

鈴菜ちゃん、大変でしたねぇ。日だまりの中で「あぁ、うちが一番だよ」ってくつろいでいる感じですね。
日菜ちゃんのお尻がほっこり可愛いです。

きゃらぼうさんちにも白山吹あるのですね♪
痩果の黒い艶々した外皮を剥きたくなってしまいます(ってか、見つけたら直ぐ剥いちゃうお猿な楽でし^^)。
最後の画像右側に写っているのは、あれは伸縮性のトレリスでしょうか(^^)。うちのもあんな感じでぶら下がってます(^^;;

投稿: 楽趣味 | 2010年1月25日 (月) 18時44分

三にゃんさん、暖かい陽だまりのようなお部屋で気持ち良さそうlovely
鈴菜ちゃんは体調が戻って良かったですね。。。
シニアに入ると本当にいろいろなことがあって、ハラハラすることが多いですsweat02

お外のキジトラさんもふくふくとして幸せそう。
穏かな写真ですね~^^

投稿: ロサネコ | 2010年1月25日 (月) 20時30分

tokiさん、こんにちは。

慢性腎不全は猫に多い病気で、最初のうちは症状が出ず、人が気付いた頃には腎機能は25%くらいしか残っていないそうです。
ちょっとしたことで具合が悪くなり、今回の鈴菜は口内炎があっというまに悪化して、痛くて全く食べられなくなってしまいました。
1週間の入院でまぁまぁ元気になったので、ホッとしています。
心配していただいて有難うございます。

>お金もかかるし、なつかないし

たしかに~~~(>_<)
うちは猫達全員シニアなので、戦々恐々・・・
できる範囲内の事しかできないけれど、子供たちに掛らなくなったので助かっています。
犬でも猫でも、性格にもよるけれど途中からでも大丈夫なコもけっこういます。
日菜はともかく、美里や鈴菜はすでに成猫だったけれど最初から友好的でした。たぶん飼い猫だったのか、少なくともごはんを貰っていたんでしょうね。

ペネロープ、、今までは切ってしまっていたので、私もこんなに赤い実は初めて。
バフ・ビューティーの実も同じくらいの大きさだけど、数も色もペネロープの方が断然良いみたいです。
白山吹の実もバラの実も、葉のない枝との取り合わせは冬ならではの光景で、これからは花だけではなく綺麗な実にも期待しそうです。

投稿: きゃらぼう | 2010年1月26日 (火) 12時09分

楽趣味さん、こんにちは。

今回は元気になってくれてホッとしています。
寝るこ→寝こ→猫という説があったような・・・?
今の鈴菜を見ていると、まさしくそのものです~^^

可愛い(?)外見とはウラハラに凶暴な性格の日菜。家の中で唯一爪を切らせない猫です。

>見つけたら直ぐ剥いちゃうお猿な楽でし

真似してみました~♪
黒い皮は落花生のようなカサカサ感。
固い実を金槌で割ったら、米粒くらいの実が出てきて、ちょっと食べてみたら、松の実のような味でした~~~
何年も育てているのに、実の中身を確認したのは初めて!いろいろやってみると面白いですね(*^_^*)

最後の画像、、、たしかに伸縮性のトレリスをぶらさげてます。
ペネロープの誘引のために設置したのが5~6年前、、、もう壊れつつありなので、今後どうしようかと考えはじめているところです。

投稿: きゃらぼう | 2010年1月26日 (火) 13時53分

ロサネコさん、こんにちは。

鈴菜は、庭に姿をみせるようになったのは2004年の春くらいから。
ヒト馴れしていたし、避妊済みだったので飼い猫だったのかもしれません。
VIVIの散歩についてきたり、屋根の上で日向ぼっこしたりと気儘に暮らしていたので、うちの中に入れるのはもっと高齢になってからと思っていました。
もともと穏やかだし、元気でないのがわかるのか、他の猫達もすぐに存在に馴れ、攻撃的な日菜も一声威嚇するくらいです。

9日の検査ではBUNが計測不能なくらい悪化していて、即入院。
だめかとも思いましたが、1週間でもとの数値に何とか戻りました。
今のところは、毎日、家での皮下点滴(100ccくらい)で様子を見ていますが、何とか維持できればといったところです。

3年くらい前からご近所に住み着いたキジトラさん、、、鈴菜と入れ替わるように居付いてしまったようです。
最初は触らせなかったのですが、徐々に馴れてきてフロントラインもできるようになりました。
今年は去勢ができるかなぁと思っています。

投稿: きゃらぼう | 2010年1月26日 (火) 14時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194339/33115385

この記事へのトラックバック一覧です: 三にゃん三様:

« 1月のアルシデュック・ジョゼフ(3) | トップページ | 1月のバラ(5) »