« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

日菜

何かブラインドが膨らんでいると思ったら、日菜がいた。

012_2_1

011_3_1

何を見ているのかな?

013_2_1

誰もいない・・・

014_1_2

015_2_1_2

日菜はこの狭い窓枠が好き。

でも若いスマートな頃ならまだしも、ころころのメタボ体型で無理やり出入りするから、ブラインドの羽根があちこち 向いて折れ曲がりそう・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2月のティーローズ(5)

けっきょく冬中ずっと咲いているジェネラル・シャブリキン。

008_1_2

2月初め頃。

045_1

雪でちょっと傷んだけれど、めげずに咲き続けている。

063_1

021_1

071_1

049_1

018_1

蕾から開くまで3週間くらいはかかっていたように思う。

紅っぽい蕾だったのに開いたら、薄いピンク色。。。

084_1_2

053_1

052_1

051_1

新芽が出てきているが、開きそうな蕾もいくつかあり、今年はこのまま様子を見ることにした。

綺麗に剪定された庭にくらべて、手入れされていないという事が一目瞭然の庭だ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2月のティーローズ(4)

昨年12月に咲いていたミス・アトウッド。

蕾がいくつかついていたが、もう開かないだろうと思っていたら、1月末から開き始め、強い冷え込みにも耐えて咲き続けている。

チャイナもよく咲くけれど、このアトウッドやエンジェルズ・キャンプ・ティーも負けず劣らずという感じで咲いている。

033_1_2

030_2_1

081_2_1

083_1

148_1

221_1

冬のバラはながく咲いているし、色合いも柔らかで、春や秋とはまた違う魅力があると思う。

055_1_2

057_1

この冬のミス・アトウッドの最後の花が2~3日前から開き始めた。

他の枝ではかすかに芽が動き始めているので、黒点の出ている葉をとらなくては・・・

横張りの枝が邪魔になりそうだけど、まだそれほど大きくなっていないので、今回は軽く剪定するつもり。

041_2_1

我が家で一番古いクリスマスローズ。

何年も植えっぱなしなので、今年は植え替えをしないとそのうちなくなりそう。。。

040_2_1

050_1

こぼれ種であちこちに広がって、植えた覚えのない色の花が咲いている。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2月のティーローズ(3)

1月初めの花は開ききらなかったレインボー。

蕾がついてはいたが、もう開かないだろうと思っていたら、予想に反して2輪ばかり咲いた。

001_1

002_1

004_1

007_1

斑の入りが少なく、ほとんどピンクの花。

024_1

063_2_1

068_1

後から開いた花は、蕾の時から濃淡がはっきりしていたせいか、斑入りを確認できた。

昨年秋にきたばかりだし、ウドンコも出ているので咲かせないほうが良いのだろうけれど、どんな花が咲くか見てみたくなる。

パパ・ゴンティエの枝変わりで、ティーでは珍しい斑入りの花、、、いろいろ変化が楽しめそう。

023_1

067_1

ヘリテージ(ER)

剪定時に蕾を見つけたので残しておいたら、いつもより濃いピンクで咲いている。

195_1

背もたれが壊れてしまって、踏み台として使っている古い椅子。

日菜に格好の爪とぎとして使われている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月のティーローズ(2)

一つだけ蕾をつけていた、リーバル・ドゥ・パエストゥムが、厳しい寒さにも負けず2月になって開花した。

044_1_2

077_1_2

086_1_2

161_1_2

159_1_2

130_1

131_1

144_1

やはり一つだけ蕾をつけた、マダム・アントワーヌ・マリ。

145_1

155_1

037_2_1

ちょっと変化してきたので開くかなと期待したが、ここまででだった。

画像を見ていたら、枝垂れ紅葉の枝についているミノムシを発見。

捕っているつもりでも、けっこう見逃している、、、葉の落ちているうちにもう一度点検しなくては。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

類と美里

ヒーターの前にいる類と美里。

類はしょっちゅうここに陣取っているけれど、美里は珍しい。

004_1

この2にゃん、、仲が良くも悪くもないせいか、微妙な距離。

006_1_2

007_1

美里がせっせとお手入れしている傍らで、我関せずの類。

015_1

016_1_2

何だか動きがバラバラ・・・と思っていたら、

021_1

やっと揃った。。。

011_1

019_1

椅子の上で熟睡している日菜。

暖かいのは魅力だけれど、やはりわん達と同じ高さの床の上では、類はともかく美里は何となく落ち着かなさそう。

046_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2月のティーローズ(1)

寒さに負けずに蕾を付けているデュセス・ド・ブラバンとマダム・ジョゼフ・シュワルツ。

もう少しで開きそうなのに、さすがにここのところの気温の低さで固まりそう・・・

138_1

135_1

136_1

146_1

デュセス・ド・ブラバン

154_1

082_2_1

マダム・ジョゼフ・シュワルツ

葉もいくらか残っているし蕾もまだ付いているが、今週のこの寒さ続きで、もう開くのは無理みたい。。。

ティーの剪定、、、先日、購入先のローズ・アンティークさんのHPに剪定の説明が載っているのに気がついたので、参考になって良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愁(しゅう)

昼下がり、、PCにむかっていたら、2Fでドタンバタンと大きな音。。。

088_1

傍にいた凛も耳をそばだてていると、愁がトントントンと下りてきてキッチンへ・・・

何か体についていたような~?と思って見に行ったら、、、

005_1

014_2_1

016_1

019_2_1

021_2_1

どうやら紙袋の持ち手に突っ込んで抜けなくなり、バタバタしているうちに紙が破れた模様・・・

本人は相当焦りまくって、水を飲んでやっと一息ってところかな~~~?

026_2_1

取ってあげても、暫し憮然。。。

027_2_1

034_1

2Fの娘の部屋を覗いたら、ひきちぎられた本体が転がっていた。

中にはコミックがぎっしりで、これじゃぁ重くて引きずれなかったんだろうけど、どうやってはまったんだか。

065_1

069_1

うちのにゃんずの中で一番ドジと前々から思っていたけれど、やっぱりね・・・

003_1

冬の日差しの中のアリスター・ステラ・グレイ(N)。

この株は成長がゆっくりで、今回も剪定する必要がないくらい、なかなか伸びない。花はよく咲くから都合が良いけれど。。。

004_1

001_1

少しずつながら伸びているような気がするウスネオイデス。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

凛と鈴菜

最近、鈴菜がようやく猫部屋(兼納戸)から廊下に出てくるようになった。。。といっても、ドアからほんの1~2mの距離だが・・・

022_1_2

鈴菜の後方の白い板が立てかけてある所が猫部屋の出入り口。

023_1

026_1

隣の部屋のドアまで来れるようになった。

028_1

030_1

たまたま、鈴菜に気がついた凛が、何を思ったか鈴菜の方へ・・・

032_1_2

033_1

034_1_2

通りすがりにちょっと立ち止まって見つめ合うも、そのままお互いにやり過ごす。これが相性の悪い凛と日菜の場合は必ず火花を散らす。

037_1

039_1

040_1

041_1

猫部屋に入るわけでもなかった凛、、、何しに行ったのか・・・?

鈴菜は、凛をやり過ごして、結局また爪とぎの上で丸くなる。

014_1

リビングのドアは、猫が出入りできるくらい開けているが、沙羅達がいるので鈴菜がここまで来るにはもうちょっと掛りそう。

035_1

ここのところ、口内炎もいくらか治まっているようで小康状態の鈴菜。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

はじめまして!

先日、友人が1歳の女のコのラブちゃんと遊びに来てくれた。

048_1

049_1

050_1

054_1

055_1

ピアノの上で寝ていた筈の夢雲(むうん)が、熱烈歓迎。。。

このラブちゃんなら大丈夫と思ったのか、友人に撫でて貰って大満足~♪

一方、わん達、特に沙羅は思う存分遊べるわんと、初対面にもかかわらずドタンバタンとバトルを展開・・・

068_1

069_1

ゴムの玩具の争奪戦、、、結果は・・・

071_1

072_1

075_1

073_1

第1ラウンドはラブちゃんの勝ち~~~

067_1_2

ピチピチの若いわんこはまだまだ余裕、、、アラフォーわん達、ちょっと息切れ?

VIVIは貫禄のマイペース。。。

ラブちゃんも、沙羅・綺羅々も、小さい時から犬同士の遊びを経験しているので、安心して見ていられるのが嬉しい。

また遊びにきてね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オールド・ブラッシュ&月月粉

花も葉もよく似ているオールド・ブラッシュと月月粉。

ほぼ同じような条件の場所(フェンス沿いに2~3m離れている)に植わっているが、開花や新芽の時期がずれている。

015_2_1

016_2_1

オールド・ブラッシュの枝と棘。

027_3_1

026_2_1

月月粉の枝と棘。

017_1

035_1

018_2_1

オールド・ブラッシュの葉と実。

033_1

036_1

023_2_1

025_3_1

028_1

月月粉の葉・実・蕾。

021_1

オールド・ブラッシュの花。

055_1

月月粉の花(1月に咲いていた)。

とにかく似ているけれど、うちでは開花時期などがずれていて長く楽しめるから、両方あって良かったかな・・・

008_1

042_2_1

1月に1輪だけ咲いていたペルル・ドール(Ch)。

053_1

055_2_1

134_1

徐々に褪色して、ほとんど白になり、いまにも散りそう。

041_1

白花のクリスマス・ローズ

046_1

045_1

044_2_1

北側の殺風景な場所がちょっと華やかに・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2年ぶりの積雪で、庭は見慣れぬ雪景色に。。。

002_1

017_1

005_1

006_1

007_1

アルシデュック・ジョゼフ(T)

014_1

クィーン・エリザベス(HT)

9時をまわってやっと陽があたり始めた頃は、バラ達も雪をのせて重そうに俯いていたが、、、

021_1

022_1

018_1

031_1

陽が高くなるにつれて、みるみる融けてきた。

023_1

ジェネラル・シャブリキン(T)

034_1

レインボー(T)

午後には地面の雪も融けてきていたので、雪の影響は少なくて済みそう。

008_1_2

ちょびのライバルのキジにゃん。

陽が当たり始めたら、さっそくひなたぼっこ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »