« スパイス(ティーローズ) | トップページ | アリアンス・フランコ・リュス開花 »

4月の庭(2)

今日もちょっと気温低めだが、日一日といろいろな植物が伸び始めている。

002_1

道端の割れ目に零れ種が芽を出したエリゲロン。

地熱で暖かいのか、冬の寒いうちから咲いていて、だんだん大きな株になってきている。

本家本元の庭のエリゲロンはようやく蕾が出てきたところ。

013_1

上から垂れ下がっているセラスティウム・トメントームス(ナツユキソウ、シロミミナグサ)。

高温多湿に弱いので、花壇に植えるといつも蒸れて無くなっているが、この植え込みのものは生き延びて茂ってきた。

030_1

セラスティウムの後方はフランネル草(スイセンノウ=酔仙翁)の白花。

零れ種で増えるが、元の白色と違う色の花が咲く。

001_1

フランネル草と勿忘草。勿忘草も零れ種でよく増える。

055_1_2

ブルー・ランブラー の株元の零れ種の勿忘草。

045_1_2

ブルー、ピンク、白の3色が入り混じって咲いている。

008_1

ピンクの勿忘草とヒューケラ。

044_1

アークトチス・グランディス(キク科  一年草)

シルバーリーフに白い花びら、ブルーの花芯の取り合わせが好きで、毎年ポット苗を植えている。

種まきで増やすらしいが、大雑把な私はいつも零れ種に頼っていて、種蒔きは苦手。

009_1

たぶん、マリー・ヴァン・ウッテ(T)のシュート。

名札を失くして不確かだが、植えて2年くらい伸びもせず、本来の姿とは思えない花がポツンと咲くだけなので、鉢上げしようかと思っていたら、シュートが2本出てきた。ラッキー♪

010_2_1

011_3_1

018_2_1

ついこの間まで花を付けていたアルシデュック・ジョゼフ(T)。

小さな蕾らしきものが見えてきた。

040_2_1

007_1

初鶯

我が家では一、二を争うくらいの赤い新芽だったが、蕾が大きくなるにつれグリーンに変わってきている。

015_1

051_1

スミズ・パリッシュ(Found Tea)

ほとんど赤みのない、柔らかな黄緑っぽい葉色のティー。

早くから蕾が出ていたが、開きそうでなかなか開かない。昨年秋に来たので、花を見るのが待ち遠しい。

|

« スパイス(ティーローズ) | トップページ | アリアンス・フランコ・リュス開花 »

ティー(T)」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

伽羅さん、(^-^*)/コンチャ! です。
バラ達の蕾の大きさにビックリしたけど
もう咲いたバラもあるのね~。
我が家ではまだちっこい蕾に大興奮してるところよ。
いいな~(^¬^)ジュル...おっと、ヨダレが出ちゃうわ。

それにそれに・・・グランディスもう花が咲きそうなのね。
こちらもうらやましい。
家のは蕾のつの字もありません。
早く暖かくなってほしいわ。

投稿: ドルシュキ | 2010年4月 9日 (金) 16時24分

ドルシュキさん、こんにちは~~

気の早いものから、まだ動きがなくてやきもきしているものまでいろいろです。
もっと暖かくなったら一気に動きだすでしょうね~~楽しみです\(^o^)/

グランディスのブルーの花芯、、いいですよね~~

>家のは蕾のつの字もありません

売り場ですでに蕾つきだったので、もっと早く次々と開くと思っていたら、意外と固いです。バラと一緒にと思っているのかも・・・

ドルシュキさんちはクリスマスローズも次から次へと開花しているし、きっと1年中何かしら花が咲いているんでしょうね~~~
いつも感心して見させて頂いていますo(_ _)o

投稿: きゃらぼう | 2010年4月10日 (土) 15時44分

セラスティウム・トメントームスが生き延びて凄いと思ったら、花壇では難しいのですね。何が宿根してくれるか手探り状態で、セラスティウム・トメントームスが枯れたのは悲しかったです。

コボレ種で増えてくれるフランネル草良いですね、リッパな株に育っているし見かけたら買ってみます。シルバーリーフに弱くて・・・・

勿忘草も昨年植えたので来年は増えてくれると思います。今年はキュウリグサが一杯育っています。来年は勿忘草が一杯育ってくれると、良いな~~~
アークトチス・グランディスも好きな花

マリーファンフッテ、思い出します。同じようにス~~~とシュートが伸びたので、バッサリ半分に切ったら動かなくなって、元気を無くしてしまいました。綺麗な花なのでガッカリでした。お花の写真楽しみにしています。

きゃらぼうさんのアルシデュックはホントに元気ですね~~

投稿: toki | 2010年4月11日 (日) 22時53分

tokiさん、こんにちは~~

セラスティウムはいつも株が大きくなった頃に、梅雨の高温多湿で株元あたりが蒸れてダメになっていたんですけれど、乾燥気味の植え込みに植えたものは冬越ししました。

私もシルバーリーフが好きで植えることが多いけれど、高温多湿に弱いものが多いようなので、なるべく軒下など雨の当たりにくい場所や、煉瓦や石等で高くしたところに植えるようにしています。
フランネル草も蒸れには強くないけれど、けっこう丈夫だし、3年目の今年はあちこちから発芽しています。白花系でよければもらって頂きたいくらいです。

>キュウリグサ

初めて聞くので検索したら、勿忘草そっくりの可愛い花ですね~~~葉を揉むとキュウリの香りだとか。薬草でもあるようですね、、、道端にも生えているそうなので、土手で気をつけて見てみよう。。。

アークトチスはピンク系の花が咲くタイプは冬越ししたことがあるので、栽培方法によっては宿根草なのかなと思いますが、グランディスはいつのまにか無くなっています。
蒸れに弱いシルバーリーフのせいでしょうか・・・

ティーは、剪定時期と剪定する箇所が難しいような気がします。
昨年の春の花後、伸びすぎたので初鶯(ティーっぽいですよね)を切ったら、なかなか芽が出ず、この春もなんとなく勢いがありません。
昨年、駒場さんでもう1株買っておいたので保険はありますけど、ダメになったら悲しいです。

アルシデュックはほぼ無剪定なのが幸いしているのかもしれないけれど、草笛のサフラノのように株元がごつくなるのも如何なものかと心配、、、
まだまだ試行錯誤です。

tokiさんが駒場さんで購入された、名無しのバラですが、似たようなバラを私も昨年、駒場さんから連れ帰りました。
名札がついていたけれど、調べてもヒットしなかったし、そのうちに名札が行方不明。
細い枝ぶりがよく似ているのですが、明日雨がやんだら葉を見てこようと思います。

投稿: きゃらぼう | 2010年4月12日 (月) 14時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194339/34148269

この記事へのトラックバック一覧です: 4月の庭(2):

« スパイス(ティーローズ) | トップページ | アリアンス・フランコ・リュス開花 »