« ちょっぴり1人前に・・・ | トップページ | レーブ・ドール »

マダム・アルフレッド・キャリエール

冬は殆ど日が当たらない北側に植えている、マダム・アルフレッド・キャリエール(N).。

5月に入ってポツポツ咲き始め、2週間ほどで満開に、、、

093_1

094_1

右側のちらほら見える小さな白いものは白モッコウバラ(八重)。

今年は例年よりかなり遅く咲き始めた。

049_1_2

047_1

ピンクがかった、開き始めの頃の花。

046_1

咲き進むと次第に白っぽくなって、花形もいろいろに・・・

009_1

427_1

186_1

323_1

321_1

324_1

322_1

019_1

442_1

鉢で2年、地植えにして無剪定で3年経ち、そろそろ枝を整理しなければと考え始めた。

tokiさんが、大きく&ごつくならないよう剪定なさっているようなので、うちでもこの優しい枝ぶりを保てるようにしたいな。。。

104_1

隣に植えてある白モッコウバラ(八重)。

169_1

|

« ちょっぴり1人前に・・・ | トップページ | レーブ・ドール »

ノアゼット(N)」カテゴリの記事

原種(Sp)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

キャリエール綺麗ですね~~~良い雰囲気。
日陰ならユックリ咲いて良いですね。

家は場所が無いのに育てているので、強剪定をして遊びましたが、大きく育てる場所が有れば、花数も違うし、花も違うような気がするので、素敵に育っているキャリエールもったいない~~~~

大きいと返り咲きの力も有るし、余り小さくしないで、枝をすくだけにした方が・・・・・素敵

足場は野放しで9本、メチャクチャだけど、花は年々増えて良い花が咲いてくれます。

投稿: toki | 2010年5月19日 (水) 20時18分

tokiさん、こんにちは~~

足場で咲いているバラ達、、、いつも素敵~と思っていますが、こんがらがってと書かれていたので安心したんですよ。

なるべくバラに任せていたいので、キャリエールも込み合っている枝だけ少し整理しようと思います。
風通し良くというのは、どの植物にも共通ですしね。

村田晴夫さんのツルバラの本に、枝は固定しないで自由な状態の方が伸びないとあるけれど、キャリエールも殆ど固定していないせいか、それほど伸びていないようです。

16日にドライブがてら、3わん達を乗せてドームに行ってきましたが、じっくり見たのは村田さんのツルバラとバラの盆栽くらい。

バラの盆栽は良いですね~~~さすがに古い品種が多かったようですが。
自分でも作ってみたいと思いました。

バラは何も買わず、外のお店でちょっと変わった花色のコバノズイナを買っただけ。
人がいっぱいのブースを眺めているだけで疲れて、早々に帰ってきました。
tokiさんは足のためにも我慢なさって正解だと思います。

投稿: きゃらぼう | 2010年5月20日 (木) 09時16分

私が特にキャリエールの巨大化を恐がっているのは、知り合いの家で育てていて、太いシュートが空高く3mほど伸びているのを見たからです。

きゃらぼうさんのキャリエールはそんな強い雰囲気に育っていなくて、良い感じ・・・・

盆栽も楽しそうですよね、シュートを取って育てれば良いのかな?と思い3鉢ぐらい何か実験してみたいです。昨年練習したので、自信を持って新しい挿し木苗で挑戦してみます。

それからブログの書き方きゃらぼうさんの真似をしています。済みません。

以前何時まで続けるか分からない、自分の為の記録だとおっしゃっていたので、考えてみました。後から見る時1つの品種でまとめた方が見やすいな、自分が見やすいブログにしようと思ったら、きゃらぼうさんのまとめ方が良いな~~~と思い真似する事にしました。
ありがとうございます。

投稿: toki | 2010年5月20日 (木) 15時04分

>キャリエールの巨大化

tokiさんが前にもそう仰っていたけれど、私もものすごく大きくなっているキャリエールの写真(英国の石造りの外壁に這わせていました)を見た事があります。
あんなに大きくなったら困るので、肥料も全然あげていなくて、それも大きくならない原因のひとつかも・・・

バラの盆栽もたぶん松や欅などと育て方は一緒かなと、ドームの展示を見ての印象です。
株元や主幹など樹齢を感じさせてますから・・・

盆栽に仕立てられると、枝のしなやかさとか特徴そのままのミニ版で面白いですよね。
tokiさんの挑戦、、楽しみです(それこそ、ちゃっかり真似しようと思っている私です~o(_ _)o)。

私はついついあれもこれもと欲張って貼り過ぎなので、もっと絞った方が良いかとも思うけれど、自分が楽しむためだから、まぁいいかって感じでやっています。

tokiさんの写真はとっても素敵で、いろいろな表情を見れて楽しませて頂いています。
こちらこそ「有難うございます!」です(o^-^o)

投稿: きゃらぼう | 2010年5月20日 (木) 16時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194339/34769963

この記事へのトラックバック一覧です: マダム・アルフレッド・キャリエール:

« ちょっぴり1人前に・・・ | トップページ | レーブ・ドール »