« セリーヌ・フォレスティエ | トップページ | ファイルヘンブラウ(2) »

ファイルヘンブラウ(1)

Veilchenblau (Blue Rambler)   (R)

1909年  ドイツ  J.C.Schmidt

080_1_3

089_1_3

131_1_3

090_1_3

566_1_3

151_1_3

5月、黄色の蕊が目立つ赤紫色の半八重小輪の花が咲き始めた。

447_1_2

478_1_2

128_1

244_1

158_1

D2m×W4m ×H1.8mくらいのパイプ棚、、、別の目的で作ったのだけれど使わなくなっていたので、バラを載せるのにちょうど良いかと、4品種ほど誘引している。

皆、伸びるが儘なので、枝の伸び方がその年によって変わり、咲いている様子が毎年違っている。

昨年は後方の柿の木とともに、ミノムシの大発生で葉や実の被害がひどかったが、まぁまぁ咲いてくれて、やはりランブラーやハイブリッド・ムスクは丈夫だと再認識。

|

« セリーヌ・フォレスティエ | トップページ | ファイルヘンブラウ(2) »

ランブラー(R)」カテゴリの記事

コメント

咲き始めの花可愛いですね、雌しべも赤い?紫?よく似合ってやっぱり好きなバラです。良い色ですね~~~~~。

投稿: toki | 2010年6月26日 (土) 20時15分

tokiさんが雌しべの色の事を仰ったので、黄色の雄しべにばかり目がいって、雌しべを確認していなかったのに気づきました~^^;

写真で見ると紫っぽいですね。
来年しっかり確かめなければ・・・

tokiさんのおかげで、今まで気付かなかった事にも目が行くようになり、観察するものがどんどん増えて一年中飽きないばかりか、忙しいくらいです。
新しい事を知るって楽しいですね。

投稿: きゃらぼう | 2010年6月27日 (日) 11時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194339/35470241

この記事へのトラックバック一覧です: ファイルヘンブラウ(1):

« セリーヌ・フォレスティエ | トップページ | ファイルヘンブラウ(2) »