« シティー・オブ・ヨーク(5月の花) | トップページ | セリーヌ・フォレスティエ »

デプレ・ア・フルール・ジョーヌ

Desprez a Flear Jaunes (N)

1830年  フランス  Jean Desprez

繰り返し咲き

063_1

003_1

040_1

5月に咲いていた花はピンクがかったアプリ系の花色。

062_1

436_1

434_1

608_1

家側の様子。

冬の間は日当たりの悪い北側のフェンスに、大雑把に誘引している。

048_2_1

456_1

451_1

057_1

452_1

駐車スペースの方からの様子。

左の方からシティー・オブ・ヨークの枝が伸びて来ている。

強健だが生長はゆっくりともあり、地植えにして3年目で花数が増え、枝も3mほど。

333_1

一緒に咲いている赤い花はツキヌキニンドウ。

435_1

ツキヌキニンドウ(スイカズラ科)

北米原産  常緑ツル植物。

日当たり向きの植物で、日陰では花付きが悪くなるそうだが、ここは反射光のある明るい日陰なのでそこそこ咲いている。

|

« シティー・オブ・ヨーク(5月の花) | トップページ | セリーヌ・フォレスティエ »

ノアゼット(N)」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

来年が楽しみ~~~
シティーと一緒に咲いても綺麗でしょうね。
3年目でこんなに咲いたら凄いですよ。

私は何年も花が咲かないで苦労しました。きゃらぼうさんのお宅はバラを育てるのに本当に良いですよね。日陰なら花もゆっくり咲いてくれるし、お庭は冬にChが咲き続けて、日陰でも明るくて、薔薇が育てられて羨ましいです。
駐車場側からの写真、綺麗ですね。

投稿: toki | 2010年6月21日 (月) 23時11分

tokiさん、こんにちは~~

3年目でこんな感じに咲いているのは、長尺苗だったせいもあると思います。
北側でも明るくて風通しが良いというのも良かったかも。

うちは、南向きの庭でも建物に囲まれて日当たりも風通しも悪い場所があり、そこに植えたバラはどうも育ちません。

いつも湿気ているような場所も、バラを植えられるようにというのが今後の課題です。
盛り土をしようかとも考えていますが、そういう場所は風通しも悪くて、虫の被害も多いので、なかなか実行に移せません。

そうそう、ジョーヌやセリーヌは元気ですが、並んで植えているアイスバーグ(F)は樹高が低くて陰になっているせいか、なかなか大きくならず、枯れはしないけれどヒョロヒョロです。

北側は大きくなるタイプのものの方が良いみたいですね。

>駐車場側からの写真、綺麗ですね

ありがとうございます~\(^o^)/

今年はいい感じに伸びてくれましたが、いつも誘引など適当なので、来年はどんな感じになるのか、、、
でもブログのおかげで、良かった時の様子が分かるから、目安になるかなと考えています。

投稿: きゃらぼう | 2010年6月22日 (火) 15時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194339/35351672

この記事へのトラックバック一覧です: デプレ・ア・フルール・ジョーヌ:

« シティー・オブ・ヨーク(5月の花) | トップページ | セリーヌ・フォレスティエ »