« 大きくなって・・・ | トップページ | アルシデュック・ジョゼフ(5月の花) »

シュネーコッペ

Schneekoppe (Snow Pavement)    (HRg)

1984年  ドイツ  Karl Baum

四季咲き   木立性  H1.0~1.5m×W1.0~1.5m

221_1

中輪、八重の淡い紫がかったピンク色の花の筈だが、、、

102_1

5月末から咲き始めた花はかなり白っぽい花色。

101_2_1

104_1

105_1

113_1

花持ちはあまり良くないが、繊細な花弁も咲き終わりも綺麗。

593_1

淡い紫がかった色で咲いている花も。。。

056_1

北海道のナーサリーからのシュネーコッぺはまだ固い蕾。

昨年、tokiさんのブログに紹介されていたシュネーコッぺを見て魅了され、北海道と九州のナーサリーの両方に注文。

九州から届いた苗の方が大きいせいなのか、断然早く咲きだした。

北海道の苗はこれから咲き始めそうだが、これからもこのくらいの時間差で咲いてくれると長期間、花を楽しめるかも、、、はたしてどうなるだろうか?

|

« 大きくなって・・・ | トップページ | アルシデュック・ジョゼフ(5月の花) »

ハイブリッド・ルゴサ(HRg)」カテゴリの記事

コメント

なかなか手に入らないバラなのに、2本も有るんですか、よく見つけましたね。

オルゴール館で一目ぼれして、何年に成るのかな~~~華奢で薄い花びらが好きに成って・・・・
でも翌年オルゴール館に行ってビックリ、さすがルゴサあの華奢な雰囲気は花だけで、太い元気な茎に変貌していました。それが恐くて日陰で育てているので、育ちが悪くて・・・・きゃらぼうさんの様に綺麗に咲かないです。
綺麗に咲きましたね~~~~凄いです。
ルゴサの透きとおるような花びらは良いですよね。

くれぐれも地植えにしない方が良いですよ、場所を取るし樹形が恐ろしいですよ。

投稿: toki | 2010年6月10日 (木) 10時19分

tokiさんのブログで、今まであまり目が向かなかったバラ達に目覚めています~~

シュネーコッぺは、たまたま他のものを探していて見つけたのです。
北海道の真鍋庭園と熊本のHerb&Roseという北と南のナーサリーですが、耐暑性が心配で両方に注文したのです。

葉の無い冬の姿の裸苗で届き、ちゃんと咲くか心配でしたが、さすがナーサリーパワーというんでしょうか、枝ぶりも綺麗だし蕾もたくさん付きました。
この状態を維持したいけれど、できるかどうか・・・^^;

アドバイスして頂いて良かったです。
ルゴサ類は鉢植えで育てようと思います。鉢だったらもう少し増やせるし~~~^^

白花が素敵なので、CoubertとBruantを注文しようかな~なんて考えています。


投稿: きゃらぼう | 2010年6月11日 (金) 12時33分

個人的な趣味ですが、シュネーユール(ホワイトペーブメント)とシュネーコッペ(スノーペーブメント)とマダムジョルジュブリアンがルゴサの中で好きで~~~~す。シュネーユールの苗あげましたっけ?現在8鉢育てているので、差し上げられますよ。

投稿: toki | 2010年6月11日 (金) 13時47分

tokiさん~~

昨年、シュネーユールの実生苗を戴いて、少しずつ大きくなっていますが、好きですし、もうひとつ戴ければ嬉しいです。
欲張りですけど、tokiさんがよろしければ戴きたいです。

一緒に戴いたほかの苗も育っていますが、そのうちのひとつ、、「花鳥の挿し木」というラベルのついている苗に花が咲きました。
なんとなく「七姉妹」かなと思っていましたが、中輪?の白い八重の花でした。
ブログに貼りたいと思っているので、ご覧になっていただければと思っています。

投稿: きゃらぼう | 2010年6月11日 (金) 14時38分

1種類は多くても3本が限界ですので、いくらでもどうぞ差し上げます。ルゴサが好きな方が少ないので貰ってもらえると嬉しいです。
ロサダヴィデも有りますよ。叉差し上げるのが何本か貯まったら持って行きますね~~~

実生苗や挿し木の葉っぱを見ているときが幸せで落ち着くので、私はバラが好きなの?と疑いたくなります。

投稿: toki | 2010年6月11日 (金) 14時59分

>実生苗や挿し木の葉っぱを見ているときが幸せで落ち着く

tokiさんがそう仰るのが少し分かるような気がします。
バラを集め始める前、様々な色や形の葉ものを集めていた時期があって、花は一時のものだけど、葉は楽しめる期間が長く、しかも変化するから飽きません。

新しく生まれてきたばかりの葉は綺麗だし、実生だと親と必ずしも同じではないという違いを見つける楽しみもあるし、おまけとして素敵な花もついてくるという、、、

バラの楽しみ方のひとつではないかと思います。

私自身は気が短いので、種蒔きなど時間のかかるものは向いていませんが、生長していくのを見るのは楽しいです。

最近、花殻をとらなければ実が付くバラは、そのままにして花が少なくなっても良いかなと思い始めました。
必ずしも花が一番重要ではないというふうに考えているのかもしれません。

tokiさんが育てているバラは私も好きなので、何でもウエルカムです。
楽しみにしています。

投稿: きゃらぼう | 2010年6月11日 (金) 15時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194339/35158475

この記事へのトラックバック一覧です: シュネーコッペ:

« 大きくなって・・・ | トップページ | アルシデュック・ジョゼフ(5月の花) »