« 着生ラン(3) | トップページ | セシル・ブルンネ »

ブルームフィールド・アバンダンス

Bloomfield Abundance (S)

1920年  アメリカ  Thomas

5月~6月頃、咲いていた花。

322_1

012_1

026_1

318_1

セシル・ブルンネ(Pol)の花とよく似ているが、長い花首や飾り萼が優美な雰囲気。

071_1

072_1

073_1

074_1

306_1

307_1

321_1

320_1

夏中ポツポツ咲き続けている嬉しいバラだが、開きかけの姿を楽しめるのはやはり春の花の時期。

|

« 着生ラン(3) | トップページ | セシル・ブルンネ »

シュラブ(S)」カテゴリの記事

コメント

小さいけれど庭の何処かで咲いていてくれると、嬉しくなるようなバラですよね。長い花枝も飾りガクも可愛いですね~~~~~

きゃらぼうさんはノビノビ育てるから花数も多くてバラが遊んでいるような雰囲気ですね。

投稿: toki | 2010年7月26日 (月) 23時44分

tokiさんが撮られたKさんのお庭、、、tokiさんも仰っていたけれど、私も、緑いっぱいの中にバラが咲いている様子がとても素敵で、一番心惹かれるバラ園なのだろうと思いました。

このアバンダンスも、庭では柿の葉の緑を背景に咲いている様子が気に入っています。

花がそっくりなセシル・ブルンネはこんもりと茂るけれど、アバンダンスは2m近く伸びて長い花径の先に花がつくので、数のわりには目立たないかもしれません。

でも丈夫で夏中咲きそうなので、良さそうですよ~~^^

投稿: きゃらぼう | 2010年7月27日 (火) 15時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194339/35886457

この記事へのトラックバック一覧です: ブルームフィールド・アバンダンス:

« 着生ラン(3) | トップページ | セシル・ブルンネ »