« エンジェルズ・キャンプ・ティー | トップページ | マダム・ジョセフ・シュワルツ »

デュセス・ドゥ・ブラバン

Duchesse de Brabant (T)

7月頃から、春よりだいぶあっさりめの花がぽつりぽつりと咲いている。

018_1

019_1

020_1

021_1

035_1

033_1

097_1

088_1

090_2_1

149_1

この猛暑にもめげず、8月に入っても1~2輪だが途切れずに咲き続けている。

(ヒトの方はバテ気味なのに・・・)

|

« エンジェルズ・キャンプ・ティー | トップページ | マダム・ジョセフ・シュワルツ »

ティー(T)」カテゴリの記事

コメント

デュセス・ドゥ・ブラバンも優秀ですね。
蕾がドンドン付いていますね~~

ティーは夏から楽しめると思っていたのですが、家にはそんなお利口なバラが無くて、少しガッカリしていたのですが、株が育てば咲いてくれるんですね、楽しみ~~~

投稿: toki | 2010年8月26日 (木) 20時56分

tokiさん~~

環境に馴染んで本領発揮となるのは、3年目位からでしょうか?
このブラバンも小さな新苗で来て、どうなることかと心配したけれど、何とか大きくなりました。
でも、蕾取りは一切しなかったせいかガッシリしてませんけどね。

駒場さんの入口付近にあった、ブラバンの大きな株に較べるとヒョロヒョロですが、花形があまり崩れなくて嬉しいです。

tokiさんのお庭も来年の夏が楽しみ~^^

投稿: きゃらぼう | 2010年8月27日 (金) 14時22分

庭を持って3年経ちましたが、スコップ片手に穴掘り大好きで、毎年何十本も移植しまくっているので、後3年は待つつもりは有ります。

10年後を見目見て、どうしても移植したい気持ちが抑えられなくて・・・・・
毎年秋は大改造しています。

だから、バラの育ちが今ひとつです。

投稿: toki | 2010年8月27日 (金) 17時55分

tokiさん~~

もともと松とツツジ中心の雑多な庭にバラを増やし始めて10年以上、、、

松とツツジを少しずつ減らしてはバラを植えていったので、設計図からの庭にはなっていません。

<毎年何十本も移植

tokiさんのパワーには及びませんが、うちでも、植えてみたもののやっぱり移そうとか、しょっちゅうです。
私の場合は2~3日で移す時もあり、労力と時間の無駄と思うこともしばしば・・・

頭の中であれこれ考えても、実際やってみると考えた通りにはならない事が多く(経験がないからでしょうけど)、結局あっちこっちうろうろしています~^^;

バラには我慢して付きあってもらいたいものです。

投稿: きゃらぼう | 2010年8月28日 (土) 16時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194339/36327044

この記事へのトラックバック一覧です: デュセス・ドゥ・ブラバン:

« エンジェルズ・キャンプ・ティー | トップページ | マダム・ジョセフ・シュワルツ »