« 9月のティーの花 | トップページ | レーブ・ドール »

エンジェルズ・キャンプ・ティー

Angel's Camp Tea  (Found Tea)

8月20日のブログに夏の花を載せたが、その後も次々と蕾があがって咲き続けている。

春の花後、6月~7月にかけて一カ月くらい休んだが、夏中ずっとぽつぽつとだが咲いていたわけで、今更ながら、よく咲くティーだと感心した。

013_1

一昨日の様子。

017_2_1

029_1

018_1

北側に植えてあり、9月に入って徐々に日当たりが悪くなってきた。

日陰の方に伸びている枝の花は、花色が薄い。

022_1

007_3_1

気温が高いと、花弁の幅が細くなってリボンをカールさせたような雰囲気。

046_2_1

日当たりの良い方に伸びている枝の様子。

8月末頃。

066_1

9月10日頃。

014_1

9月20日頃。

新芽が伸びてきては蕾を付け、花が咲いている。

057_1_2

8月末頃の花。

060_1_2

9月10日頃の花。

019_1_2

9月20頃の花。

厳しい残暑の中でも、日が短くなるにつれて、花容が変化している。

020_1_2

017_1

まだ固い蕾もあり、もう暫く、花容の変化を楽しめそう。。。

|

« 9月のティーの花 | トップページ | レーブ・ドール »

ティー(T)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

キャンプティーって花を見ていると繊細そうで弱そうなのに、花付が凄いですね~~~

育ててみないと性質が分らないので、こうして様子をうかがえると、嬉しいです。

ルーヴェンスはそんなに花付き良く有りませんよ。こんなに可愛い咲き方もしないし、ガクも短くて雰囲気が違っています。

お花を見ていたら銀河のように大きく育てたいな~~~~~

投稿: toki | 2010年9月25日 (土) 20時03分

tokiさん~~

初心者におススメというだけあって、手がかかりません。

枝も細枝タイプかなという感じ、、、もっと年数が経つとどういう樹形になるかわかりませんが、とにかくよく咲きます。

場所が合っていたのかも・・・
というのも、同様に多花性で栽培しやすいというギルバート・ナボナンドは、日当たりが良くないせいか、生育も花付きもイマイチ。

うちのルーベンスも半日陰の影響からかあまり花を付けません。
ティーは強健といっても、日照は必要みたいですね。

今のところあまり横張りではないので、場所をとるタイプではないみたいですが、どういう生長をするか楽しみです。

投稿: きゃらぼう | 2010年9月26日 (日) 15時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194339/36901976

この記事へのトラックバック一覧です: エンジェルズ・キャンプ・ティー:

« 9月のティーの花 | トップページ | レーブ・ドール »