« 日出海 | トップページ | マダム・アルフレッド・キャリエール »

ティーの夏の花(5)

ミス・アトウッド

Miss Atwood

093_1

356_1

100_1

357_1

360_1_2

7月後半から咲き始めた夏の花。

黒点やウドンコにもあまりかからず、暑さにも強いようで、手がかからないティー。

057_1

8月末、、、たぶん夏の最後の花。

087_1

088_2_1

繰り返し開花しているバラだが、名前が分からない。

樹形や花形等からRival de Paestumかと思っていたが、先日のもと兄さんのブログに貼られていたような咲き方とは違うようで、正体不明。

春の花後、葉をほとんど落とすけれど、いつのまにか復活している丈夫なバラ。

|

« 日出海 | トップページ | マダム・アルフレッド・キャリエール »

ティー(T)」カテゴリの記事

コメント

夏にティーを楽しもうと今年は春から楽しみにしていたのですが、コガネが食べてしまうので、たまに行く庭で夏にバラを楽しむのは無理でした。

9月は幼虫が食べますが、コガネに比べたら食害はすくないです。

ミス・アトウッドの夏の花は、穏やかな花ですね。

投稿: toki | 2010年9月19日 (日) 22時42分

tokiさん~~

今年はうちでも、今までで一番のコガネの被害でした。
毎日いる庭でも、今年の暑さでは水撒きだけで疲れてしまって何もせずだから、tokiさんのお庭とあまり変わらないかもしれません。
雑草ぼうぼう、木も茂り放題で、やっと先週位から蚊取り線香をいっぱい焚いて整理し始めましたけどね。

薬など一切撒かないから、コガネもテデトルぐらいできりがなくて諦め気味でしたが、うちではバラよりも葡萄や谷ウツギの葉に群がっていました。
やはり単一植物だけより、ある程度多種多様な植物を植えておいた方が、被害が分散するようですね。

コガネ以外にも、新芽や蕾を食べられたりで、夏のバラの花は咲いたら”ラッキー”って感じでしょうか。
病気にも虫害にも負けないような体力作りができると良いんですけどね。

ミス・アトウッドは花弁の質とか直線的な枝とかしっかりしていて、ティーの風情とはちょっと違う雰囲気・・・
元気溌剌嬢といった感じですが、強健というのは気が楽です。

投稿: きゃらぼう | 2010年9月20日 (月) 09時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194339/36707510

この記事へのトラックバック一覧です: ティーの夏の花(5):

« 日出海 | トップページ | マダム・アルフレッド・キャリエール »