« コーネリアとバフ・ビューティー | トップページ | 風来坊 »

レーブ・ドール

Reve D'or (N)

066_1

067_1

2~3日前から1輪だけ咲いている。

046_1

春の花後、花殻をとらずにおいたらすべて結実・・・どんな実になるか楽しみにしていたら、いつのまにか次々と落ちてしまい、残っているのは1個だけ。

実を楽しむ品種ではなかったようだ。

結実するが儘にしていたためだと思うが、新しい枝も伸びてくるけれど茂るほどではなく、伸びるに任せている状態。

047_1

050_1

041_1

038_2_1

返り咲きも少なくなって残念だけれど、紅い新芽や若い葉だけでも楽しめるかも。

037_2_1

ハンショウヅルと絡み合っている。

048_1

ハンショウヅルは黄葉してきている。

042_1

043_2_1

最近、庭に居候中の♂にゃん。我が家での呼び名は”ボス”!

(ちょびと似ているが、鼻がピンク色)

|

« コーネリアとバフ・ビューティー | トップページ | 風来坊 »

ノアゼット(N)」カテゴリの記事

コメント

レーブドールは枝先が綺麗ですよね。
草笛で初めて気が付きました。

剪定を繰り返しても帰り咲きがわずかなので、少しがっかりしています。
きゃらぼうさんの様に気持ちを切り替えて、枝ぶりを楽しむバラと決めました。

場所が狭いので枝を楽しむのにどうしたら良いか????頭が痛いです。きゃらぼうさんのレーブドールは場所が広くて羨ましい~~~

ボスは毛並みが良いですね~~眉毛と髭が白くてお爺さんみたいで、楽しいです。

投稿: toki | 2010年12月12日 (日) 20時38分

tokiさん、こんにちは。

レーブ・ドール、、うちでは花殻を摘まなかったから当然咲かないだろうと思っていましたが、剪定してもあまり咲かなかったんですね。

もっと成熟したら違ってくるかもですが、綺麗な枝先を楽しむのも良いですよね。

バラは誘引せずに、風に揺れるがままにしておく方が伸びが鈍ると、村田さんの本にあったので、なるべく留めないよう、壁面や棚に好きなように伸びていってます。
でも、見た目は雑然として手入れしていない雰囲気の庭になってしまって、なんだかね~~って感じです。
それに、いたるところでバラの枝先が垂れ下がっているので、通るたびにあちこち服が引っ掛かって、閉口~~~

今まではそれほど大きくなっていなかったので、伸ばし放題でしたけど、今後は茂り過ぎないようにある程度の手入れは必要と思っています。

1月か2月頃、とりあえず枝数を減らしてみようかと思っていますが、どうなるか、、、試行錯誤ですよね。

ブラッシュ・ノアゼットは60㎝くらいまで切り戻しても、春には前年と同様の花付きになる事は、経験済み。
もと兄さんによると、クレプスキュルはやはり強剪定しても大丈夫だったそうだけど、マダム・べレールは切り戻したら春は花が咲かなかったとか。
ノアゼットもいろいろですね。

ボスは毛並みも良いし、なんといっても見事な筋肉質の体型です。
家の中で暮らしている、脂肪たっぷりのぽっちゃり猫達とは大違い~~~
こうして見ると、たしかに眉も髭も立派で目立ちますね。去勢の影響で、見た目のように好々爺になってくれるといいんですけれどね。


投稿: きゃらぼう | 2010年12月13日 (月) 14時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194339/37888687

この記事へのトラックバック一覧です: レーブ・ドール:

« コーネリアとバフ・ビューティー | トップページ | 風来坊 »