« 1月のバラ(2) | トップページ | 1月のバラ(4) »

1月のバラ(3)

イボンヌ・ラビエ  Yvonne Rabier   (Pol)

039_1

西側、白バラばかり並んでいる道路沿いの植え込みで、12月から咲き続けている。

053_1

056_1

060_1

もともと花持ちが良いバラだけど、1か月以上も殆ど変わらない。

104_1

西側で、冬の日照は午後の1~2時間のみだが、隣に植えたアベリアが大きく育っていて、北風から守ってくれているのかも。。。

この時期、こんなに咲いているのは初めて。

052_1

植え込みで大きく枝を伸ばしている、ホワイト・メイディランド(S)。

気が付くと、ポツンと咲いている。

064_1

041_1

春のような房咲きにはならないし小さな花だけど、寒さに強いのか、綺麗に開いている。

047_1

庭の方のイボンヌ・ラビエの花は、もうすぐ終わりそう。

043_1

イボンヌ・ラビエは、まだ1mくらいなので特に剪定しないが、ホワイト・メイディランドは小型のツルバラとして十分な大きさになっているので、この冬はシュートの本数を減らす予定。

008_1

散りきらずに、まだ残っている葡萄の葉。

わん達の散歩中に見かける、よそのお宅の葡萄はもう剪定されているので、うちもそろそろと思うのだが、寒いとついのびのびになる。

昨年、葡萄の調子が悪くて、もう寿命なのかな?とも思ったが、夏の終わり頃から新しい蔓が伸びたりと、まだ枯れてしまうわけではなさそう。

例年、剪定が遅れがち、、、今年は2月頃までにはしたいと思っているがはたして???

|

« 1月のバラ(2) | トップページ | 1月のバラ(4) »

シュラブ(S)」カテゴリの記事

ポリアンサ(Pol)」カテゴリの記事

コメント

きゃらぼうさん、こんにちは。

昨年末は大変でしたね、元気になる言葉を見つけようと思うのですが、見つかりません。

やはり冬でもきゃらぼうさんのお庭にはバラの花が咲いていて、嬉しいです~~~
昨年とは違うバラが咲くんですね。相手が生き物なので計画どうりには行かないのですね。
勝手に私がジョゼフが咲くのを楽しみにしていたのですが・・・・・
埼玉の庭では花が咲いても霜で花弁がちじれてしまいます。温かい東京の庭でしか見れない冬のバラ、贅沢ですね~~~
イボンヌ・ラビエの花数多い、1本でも咲いてくれると嬉しいですね。
2月も咲き続けてくれる事を願ってます。

投稿: toki | 2011年1月22日 (土) 16時14分

tokiさん、こんにちは。

ご心配をおかけしてしまいましたm(__)m
わかっている事でも、実際にその時がくるといつもジタバタしています。

お気遣い、本当にありがとうございます。

いつもよりさらに放任の庭でしたが、咲きたいものは咲いているという感じです。

ジョセフは昨年のあの咲きっぷりが嘘のよう・・・12月の花が最後みたいで、今は葉だけになっています。
冷え込んだせいなのか、開花のサイクルがずれたのか、バラにまかせているとさっぱり見当がつきません。

これだけ冷え込んでも、やはり都内は暖かいんですね~~~
イボンヌ・ラビエもまだこの状態が続きそうだし、寒くても晴天が続いているので、2月にはいっても何かしら咲いているかもしれませんね。

2月も咲いていれば、早いものは3月から咲き出すのもあるから、それこそ1年中咲いていることになりますね。はたして???

投稿: きゃらぼう | 2011年1月23日 (日) 08時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194339/38565029

この記事へのトラックバック一覧です: 1月のバラ(3):

« 1月のバラ(2) | トップページ | 1月のバラ(4) »