« リビングからの眺め(2月) | トップページ | 庭の植物(冬から春へ) »

ノアゼットの紅葉

いつもリビングから眺めているブラッシュ・ノアゼットとアリスター・ステラ・グレイ。

庭側から見てみると、他のノアゼット達より日当たりが良いせいなのかどうか、、、色付いた葉をいまだに保っている。

021_1_2

084_1

ブラッシュ・ノアゼットの葉。

083_1

082_1

小さなブラッシュ・ノアゼットの実。

1月中は、花も蕾もあったのだが、雪が降ったりと寒い日が続いて 、残っていた蕾も開きそうもない。

085_1

アリスター・ステラ・グレイの葉。

139_1

紅っぽい色や、

138_1

紫っぽい色や、いろいろ。

026_1

136_1

137_1

そして、デッキに伸びている枝では、まだ蕾もひかえている。

屋根のおかげで寒さによる傷みもなく、花持ちよくゆっくりゆっくり咲きすすんでいる。

010_1

1月頃の少し黄色になってきた葉も、

009_1 

今朝の紅葉も、こうして冬の柔らかな日射しに透ける光景が見られるのは、この時期ならでは。

まだアリスターの花もあることだし、剪定するのはもう少し後にとずるずる先延ばし。

|

« リビングからの眺め(2月) | トップページ | 庭の植物(冬から春へ) »

ノアゼット(N)」カテゴリの記事

コメント

きゃらぼうさんこんにちは~~

リビングからバラの花の咲き進むのが見れて、羨ましいです。アリスター良い花ですね~~~

日当たりに有るバラの葉が紅葉して綺麗ですね~~2月こんな時期に紅葉を楽しむなんて不思議な気持ちです。
特にティーローズやチャイナは赤く紅葉する葉ばかりですよね、オールドブラッシュとユェユェフェンは緑のままで変な感じを草笛で覚えました。

大きく育てると冬のバラが見れて良いですね、アルシデュックは来年ガンバッテくれるかな???
果物でも一年おきに豊作に成るので、昨年頑張りすぎたので来年の冬に期待しています。
どうなるのか???楽しみ~~~

投稿: toki | 2011年2月24日 (木) 17時17分

tokiさん、こんにちは。

紅葉って秋のイメージだから、2月の紅葉ってホント変な感じです。

うちでは、ティーもチャイナも、寒いこの時期に花を付けているものは緑葉のままみたいです。

庚申バラ、オールド・ブラッシュ、月月粉、銀河等のチャイナや、
シャブリキン、エンジェルズ・キャンプ・ティー、ブラバン、白ブラバン等のティーは、緑葉のまま。

昨年いっぱい咲いたアルシデュックは、花は無いものの、今も緑葉のまま残っています。

そうそう、もう1本の小さい方のアルシデュックに蕾を見つけました。
この暖かさで開きそうな感じです。

ティーやチャイナの中でも緑葉を保っている株は、わりと寒さに強いのかも・・・

アリスターも、外側の紅葉している枝ではなく、デッキ内に伸びてきている枝で花をつけているし、そこは緑葉のまま。
屋根があるから外よりは少し暖かいんでしょうね。

きちんと剪定していると、何日目に開花するかおよその目途がつくみたいですけど、自然に任せているものが多いから、どうなるかはその時になってみないとわかりません。
ホント、その時のお楽しみですね。


 

投稿: きゃらぼう | 2011年2月25日 (金) 12時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194339/38971373

この記事へのトラックバック一覧です: ノアゼットの紅葉:

« リビングからの眺め(2月) | トップページ | 庭の植物(冬から春へ) »