« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

4月のティー・ローズ(7)

次々と開花しているエンジェルズ・キャンプ・ティー。

開くたびに花容が変化している。

006_5_1

気温が上がってくるにつれて、よりピンク色に、、花びらの数も増しているような。。。

001_6_1

007_1

004_5_1

004_4_1

005_3_1

まだまだ蕾が控えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月のティー・ローズ(6)

デヴォ二エンシス   Devoniensis(T)

003_3_1

4月にはいって、最初の花が開き始めた。

004_2_1

005_2_1

暖かくなったと思うと急に冷え込んだりと、寒暖の差が激しく、綺麗だった葉もみるみるウドンコで白くなってしまった。

013_2_1

001_5_1

ウドンコにもかかわらず、花は順調に開いて、満開。ティーにしては大輪の花が咲いた。

002_4_1

薬をいっさい使わず、ウドンコもそのままにしているが、樹が生長して体力がつけば少々病気になっても、あまり影響しないような気がしている。

この時期、ウドンコが発生しているのは、鉢植えの若い株に多いよう。

目下、場所をつくって、せっせと地植えにしている。

022_1

マダム・シャルル(T)

4月前半より、花弁の数が多くなっている。

038_1

ミス・キャロライン(T)

デュセス・ドゥ・ブラバンの枝変わりだそうで、波打つような葉はひとまわり小さいがよく似ている。

花色がブラバンより濃いピンクいろ。可愛らしい。

一年間は鉢植えで、地植えにしたばかり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月のティーローズ(5)

ロゼット・デリジー   Rosette Delizy (T)

030_1

ロゼット・デリジーが咲き始めた。

どういうわけかアプリコットのような花色。本来の複色花はこの後かな?

036_1

035_2_1

031_2_1

まったく剪定していない。隣の枝垂れ紅葉を支柱代わりに、ひょろひょろと好きなように伸びている。

024_1

ジェネラル・シャブリキン(T)

早くも春本番になりつつ・・・

027_1

029_1

デュセス・ドゥ・ブラバン(T)も咲き始めた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

リビングからの眺め(4月末)

新芽が出始めたのは3月半ば頃だっただろうか・・・

日増しに緑が増えて、リビングからの眺めは見違えるよう。

052_1

058_1

右の方からソンブロイユ(LCl)が伸びていて、左側のアリスター・ステラ・グレイ(N)に届きそう。一緒に咲いてくれるかな。

060_1

切り戻そうと思いながらもそのまま伸び放題の、ブラッシュ・ノアゼット(N)。

059_1

061_1

蕾がいっぱいあがっているが、開花までもう少しかかりそう。

014_1

北側のマダム・アルフレッド・キャリエールの蕾はピンク色がめだってきた。

ノアゼットの開花はキャリエールが一番になりそうだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今、できること

我が家の第1号にゃん、命(めい)が虹の橋を渡って行き、腎不全治療のための補液は鈴菜だけだったのだが、、、

035_1

美里の様子が変?と、病院で血液検査を受けたら、BUNが100以上とそうとう悪い数値が出た。

先生からは入院をすすめられたが、美里にとってはストレスになりそうで、家で補液を毎日して様子をみる事にした。

2週間後の昨日、再検査したら、BUN60とまだ正常値よりだいぶ高いが、かなり改善されていたので、現在、鈴菜と美里と補液を続けている。

012_3_1

お気に入りの場所にいる鈴菜。

008_1

BUN60くらいと高めだけれど、今のところまぁまぁ。

009_1

類も、6月で14歳。

8kgあった体重も、減ってきていて今は5kg台。

健康診断では一応異常はみつからなかったが、なんとなく心配で時々ついでに補液している。

040_1_2

夢雲(むうん)

3月で16歳になった。命とVIVI亡き後、我が家の最年長。

昨年、甲状腺機能亢進症とわかり、毎日薬をのんでいる。

いつのまにか歳をとってきて、いろいろ出てくるが、なるべく最後まで家で過ごせるように、出来る事をしていきたい。

そして、今回の震災についても、自分にできることは何があるだろうかと考えていたが、、、

りきさんのブログhttp://rikiaru.exblog.jp/を通じて、

わかにゃんさんのブログhttp://onyawan.blog93.fc2.com/を知り、

少しでもお役にたてるならと、初めて嘆願メールを送ったりしている。

ネットを通じて、いろいろな情報を得ることができるようになり、その分振り回されずに、自分で考えて行動しなければと思っている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

4月の庭(2)

ドウダンツツジの花

040_1_2

041_1_2

刈り込まずに枝抜きなど適当な剪定のせいか、毎年花の咲き具合がいろいろ。

今年は花数が多いように思う。

029_1

枝垂れ紅葉

027_2_1

青枝垂れ。蕾をつけている。

028_2_1

紅枝垂れ。同じような蕾をつけているが、葉も蕾も似た色で目立たない。

007_2_1

芝桜(モス・フロックス)

這うようにひろがり土があれば根を張るので、雑草と競争しつつ、場所を変えつつ、毎年咲いている。

015_2_1

エルサレム・セージ(フロミス・フルティコサ)

011_2_1

017_2_1

Alliance Franco Russe (T)

010_2_1

General Schablikine (T)

部屋の中からでも色付いた蕾を確認できるようになった。

009_1

銀河も開花がすすんでいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山吹と猫とキャリエール

丸いころんとした八重山吹の蕾、、、見つけたと思ったら、

008_1

どんどん膨らんで、、

006_4_1

004_1

007_1

ちょっと寂しかった北側が賑やかになってきた。

012_1

斑入り山吹の小さな蕾も膨らんできて、

008_2_1

009_2_1

011_1

小さな一重の花が咲きはじめた。

015_1

今日のお伴は、ちょび。

016_1

ボスと似ているが、一番の違いは、’ちょび髭’。

それに顔も手足も、ボスの方が断然大きい。

012_2_1

このまんまるな目も何だか猫らしくないような~~~

005_2_1

マダム・アルフレッド・キャリエール(N)の蕾も大きくなってきた。

017_1_2

蕾が大きくなるにつれて、アブラムシもふえている。

つぶそうかとも思ったが、きりがないし、上の方は届かないしで天敵に任せることにした。

018_1

道路に張り出して陽があたっている枝では、蕾も色付きはじめている。

(背景のグリーンっぽい色はお向かいの3階建ての建物の工事用足場を覆っている、飛散防止用?の布。本来はベージュ色の建物なのだが、3月11日の震度5強の揺れで、外壁にいくつも亀裂が入り、現在修理中。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月のティーローズ(4)

咲くたびに花容が変わってきている、エンジェル・キャンプ・ティー(Found Tea)。

003_1

2~3日前の様子。

003_4_1

002_3_1

今朝、開ききっていた。

先週咲いていた花より花弁がふえて、春の花らしくなってきているのかな。。。

016_2_1

017_1

ジェネラル・シャブリキン(T)も先週より花弁がふえてきているよう。

006_2_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月の庭(1)

4月にはいって庭でも緑がふえるとともに、花もいっせいに咲き始めている。

006_1

030_1

タチツボスミレ(?)

スミレはツマグロヒョウモン(タテハチョウ)の食草なので、雑草と区別して抜かないようにしているからか、年々増えている。

027_1

宿根ビオラ ”ソロリア フレックルス” (吹きかけスミレ)

044_1

イカリソウ ”曙”

024_1

028_1

045_1  

イカリソウ ”スルフレウム”

曙は冬には地上部が無くなるが、スルフレウムは紅葉がずっと残っていた。

020_1

リク二ス ホワイト・ロビン

023_1

030_2_1

037_1

勿忘草

毎年、零れ種のため、場所を選ばず咲いている。                                          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月のチャイナローズ(1)

ティーに少し遅れて、チャイナも開花しはじめた。

017_1

004_1

月月粉(Ch)

3月からぽつぽつ咲いていたが、花がひとまわり大きく、花弁数も増えている。

008_1

005_2_1

010_1

オールド・ブラッシュ(Ch)

最初に開花した花は、まだ花弁少なめ。

011_1

012_1

銀河も初開花は小さめの花。

013_1

エミー・グレイ(Found China)

銀河の手前に地植えした(あまり伸びないそうなので)。

015_2_1

014_1_2

冬中、鉢植えで日当たり抜群の環境で過ごしたが、今回いくらか陰になる場所に移動。

どういう風に育つかな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月のティーローズ(3)

今朝、先週中に確認していた蕾を見てみたら、いくつかすでに開花していた。

021_1

アリアンス・フランコ・リュス   Alliance Franco Russe   (T)

固い蕾は確認していたが、気付かぬうちに一気に開花。

(まわりの光沢のある葉は隣のアイス・バーグの葉)

005_1

004_1

001_2_1

003_2_1

今日にも開きそうな蕾もいくつか・・・

023_1

マダム・ジョセフ・シュワルツ   Madame Joseph Schwartz  (T)

032_2_1

033_2_1

025_1

日に日に緑が増えて、冬の様子が思いだせないくらい。

もう少したつと赤やピンクや白が目立つようになるのでしょう。。。

018_2_1_2

西側の植え込みのマダムジョセフ・シュワルツ。

庭の方と微妙に咲き方が違うような・・・

007_1

006_1

撮っていたら、ボスがやってきた。

庭に出ると、たいていついてくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月のティーローズ(2)

ジェネラル・シャブリキン (T)

General Schablikine 

032_1

034_1

昨年春の花容とはまったく違い、花弁が細長い。

033_1

035_1

蕾がいくつも控えている。

次に開く花はどういう表情だろうか。

マダム・シャルル (T)

Madame Charles

006_1

031_1

ちょっとフライング気味の花かな?と、、、

ふんわり豊かなマダム・シャルルは、もう暫く待ちそう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

4月のティーローズ(1)

エンジェルズ・キャンプ・ティー  (Found Tea)   

Angel's Camp Tea

009_1_2

008_1

011_1

013_1

014_1

010_1

012_1

4月に入ったばかりの頃の花とはまた違う雰囲気で咲き続けている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

エミー・グレイ

Emmie Gray  (Found China)

002_2_1_2 

朝の日があたりはじめる頃、、、

001_2_1_4

004_2_1_3

005_1_3

夜の間、閉じていた花弁が少しづつ開きはじめ、、、

001_1

昼間はこんな感じで咲いている。

002_1

花色もローズレッドやローズピンクやいろいろ。

003_1

昨年夏にきたので、初めての春を迎える。

花も葉も小さめ、樹も大きくならないそうで鉢植え向きということだが、近々地植えにしようと思っている。

こういう花色はちょっと日陰気味の方が綺麗に見えそうかな。

035_2_1

034_2_1

036_1

零れ種で、毎年咲いてくれる、ローン・デージー。

いつものことだけれど、そのままになっている落ち葉の下からちゃんと顔を出してくる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

蕾、発見!

ようやく春らしい気温になってきて、北側のノアゼットや山吹に小さな小さな蕾がうまれている。

019_1

020_1

マダム・アルフレッド・キャリエール(N)

薄いヴェールに包まれているよう。

017_2_1

021_1

八重山吹の蕾。

018_1

斑入り山吹

蕾も葉も、八重山吹より一回りも二回りも小さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヒメツルニチニチソウ

姫蔓日々草   ビンカ・ミノール(Vinca Minor)

キョウチクトウ科ビンカ属

常緑蔓性半低木

016_1

白花・斑入り葉。

日がいくらかあたる場所では新芽の葉色が鮮やか。

017_1

赤紫っぽい花色・緑葉。

015_1

一枚目と同じ斑入り種を植えた筈だが、北側の殆ど日が当たらない場所のせいか、斑が消えてしまった。

016_2_1

ふと見ると、白い花弁の一部に青色が入っている。

いつも何気なく見ているから、こういうちょっと変わった花を今まで見過ごしているのかもしれない。

日陰地のグランドカバーとして、何年も前に庭のあちこちに植えてみたが、強健で、時々整理しなければならないくらいよく増えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レーブ・ドールの若葉

この時期、庭のノアゼットの中でもひときわ目立つ、レーブ・ドールの赤い若葉。

005_1_2

004_1_2

西側の壁面に沿うように枝を伸ばしていて、、、

002_1_2

009_1_2

午後からの日があたりはじめると、若い紅葉が光に透けている。

006_2_1_2

ハンショウヅル

レーブ・ドールに絡みながら、一緒に伸びている。

004_1_3

ガレージから庭への出入り口。レーブ・ドールの葉が透けている様子が綺麗で、撮っていると、ガレージの中の寝床で寝ていたボスが起き出し、、、

012_1

続けてはなも起きてきた。

ほぼ折り合いがついたようで、この2にゃんは、いっしょに行動するようになってきた。

もちろんボスの方が優位のようだが。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エンジェルズ・キャンプ・ティー

ほぼ一年中、花か蕾を付けている感のある、エンジェルズ・キャンプ・ティー(Found Tea)。

2月からいくつもあがっていた蕾、、、気温の低い日が続いても固まることなく、3月後半から次々と開花している。

006_2_1

005_1

021_1

020_1

019_1

一年の間に一回り大きくなった。

009_2_1

冬の間も殆ど葉が落ちず、花後も花弁が散るままにまったくの放任。

蕾も花托も新芽も一緒くたに同居している。

002_2_1

とにかく丈夫なティーだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バラの新芽が次々と・・・(3)

レーブ・ドールだけはちょっと手を入れたが、他のノアゼット達はまったく弄らずそのまんま。

冬中残っていた葉がいまだにある中、新芽がぐんぐん伸びてきている。

023_1

セリーヌ・フォレスティエ(N)

025_1

026_1

デュプレ・ア・フルール・ジョーヌ(N)

027_1

マダム・アルフレッド・キャリエール(N)

014_1

015_1

アリスター・ステラ・グレイ(N)

010_1

013_1

ブラッシュ・ノアゼット(N)

ブラッシュ・ノアゼットの新芽はまったく赤味を帯びていないので、後方のアルシデュック・ジョセフの新芽と対照的。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »