« スヴニール・ドゥ・ラ・マルメゾン | トップページ | プレゼント・ヒル・セマタリー »

紫燕飛舞

紫燕飛舞(ツーヤンフェウー), Maggie (Found Bourbon)

昨年よりさらに伸び、伸びるままにしていたら日向の方と、柿の木陰とに分かれて咲いている。

125_1

280_1

日向では明るく華やかだが、、、

283_1_2

282_1_2

日陰ではまた違う表情を見せてくれる。

255_1

日陰に伸びた枝では別の花のような色合いで咲いている。

247_1

245_1

258_1

259_1

260_1

色は抜けているが、花弁数は変わらないような?

251_1

支えていないので、枝先が柿の木の足元のお茶の木に入り込んでいる。

248_1

250_1

木漏れ日しか当たらないのに咲いている。

284_1

283_1

282_1

091_1

雨上がり、、、さらに俯いて。

|

« スヴニール・ドゥ・ラ・マルメゾン | トップページ | プレゼント・ヒル・セマタリー »

チャイナ(Ch)」カテゴリの記事

ブルボン(B)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは^

この薔薇はすごく重量感があるのですね。

我が家では10株ほどの薔薇がありますが
「あります」ってだけです。
名前も分からないなぁ~
赤い薔薇。
黄色い薔薇。
白い薔薇。
マダラの薔薇。
なんて呼んでいます。

花の形でなまえが分かるってすごいことですよね。

ガーデニングは好きなのですが、薔薇は難しいっておもいますよ。
ただ、薔薇を植えてはいますが手抜きですね(涙)
今からはもう少し愛情をかけてあげないよね♪

投稿: ムクムク | 2011年5月31日 (火) 13時38分

ムクムクさん、こんばんは。

私も、バラは難しいというか手がかかりそうと思っていました。
猫が住み着いているので、まったくの無農薬で、剪定も適当ですけど、バラってけっこう大丈ですよね。
薬を使わない分、虫や病気になった葉はテデトルしたりしていますが、気が付かなくて丸坊主になっていることもあります~^^;

愛情いっぱいで、でも手抜きできるところは無理せずにというのが良いですね~~~^^

投稿: きゃらぼう | 2011年6月 1日 (水) 01時58分

きゃらぼうさん、こんにちは。

綺麗に咲きましたね、日陰の花と日向の花を見れるなんて、贅沢出来ましたね。細い花枝でうつ向いて咲いて可愛いですね。

色のうつろって行く様子も素敵だし、
香りも良いし花持ちも良いし、好きなバラです。

家では悪戦苦闘中です。
太いシュートが出てそのままにしていたら、
一年間は良かったのですが次の年花付きが悪い・・・・
それで樹高を低く剪定してみたら、
力が余って大きな房で咲いてしまい・・・
力の余った大きな花はチョットね・・・・・

来年こそは穏やかな花が見たいです。

投稿: toki | 2011年6月 2日 (木) 17時32分

tokiさん、こんにちは。

たまたま日陰の方に伸びる枝をそのままにしておいたら、数は少ないけれど咲いていました。
緑の中、そこまで伸びていたの?って感じです。

うちでは隣のジョセフに押されているのか、植えて4~5年ですけどひょろひょろしていてなかなか大きくならず、一時はダメかなと思ったくらい。

株元を見ても、シュートが出るようにはみえず、tokiさんのお庭では太いシュートが出るということは、日当たりが良いのでしょうか。

太いシュートや大きな房咲き・・・元気な株ですよね。
うちの株はちょっと元気な感じではなさそうな~?
株元に日が当たっているか見てみます。

投稿: きゃらぼう | 2011年6月 3日 (金) 11時32分

きゃらぼうさん、こんばんは。

面白いので家の恐ろしく強そうで元気そうなツーヤンフェウーをアップしてみました。

可愛くないですよ~~~
丈夫そうな花枝は優しさは有りません。
短く剪定したのがいけなかったと反省しています。来年は華奢なバラを咲かせるのにガンバロ~~~

投稿: toki | 2011年6月 4日 (土) 18時53分

tokiさん、こんにちは。

アップ、ありがとうございます!
うちではこんなにたくさんの房咲きになったことないです。ホント、雰囲気違いますね~~~

うちはバイオゴールドのバラ用を、株のまわり3か所くらいちょこっと掘って埋め込むくらい。
それも毎年はやってないし・・・

あまりにも放りっぱなしだとなかなか大きくならないし、下手すると枯れる事もあるので、tokiさんのようにお世話した方が良いと思うけれど、難しいですね。

やせ地か肥沃か、日向か日陰か、環境によって、剪定によって、本当にいろいろ変わってくるので、たまたま上手くいくのもあるけれど、なかなか思い通りにいきません。

草笛の朝の風景、、素敵です。
そういえばキャンプ場がありましたね。
今年はシーズンに行きそびれましたが、夏や冬の花がなくても人が少なそうなオフの様子を見にいきたいと思っています。

行けないまでも、tokiさんがいらっしゃると思うので、いろいろなシーンを拝見できるかなと期待しています。(図々しいですが~^^;)

投稿: きゃらぼう | 2011年6月 5日 (日) 15時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194339/40203897

この記事へのトラックバック一覧です: 紫燕飛舞:

« スヴニール・ドゥ・ラ・マルメゾン | トップページ | プレゼント・ヒル・セマタリー »