« ミス・アトウッド | トップページ | 5月のティーローズ(2) »

ル・パクトル

Le Pactol  (T)

011_1

016_1

地植えにして初めての春の花。

シュートが何本か出て元気だが、ちょっとウドンコが出ている。

019_1

046_1

097_2_1

チャイナ的な樹性ということで、上を向いている花や俯いている花やいろいろ。

|

« ミス・アトウッド | トップページ | 5月のティーローズ(2) »

ティー(T)」カテゴリの記事

コメント

きゃらぼうさん、こんばんは。

良い花になってきましたね~~~
最後の写真にウットリしてしまいました。
素敵なバラだと思いました。

ウドンコは辛いですね。
黒点は葉が無くなるので見なくて済みますが、ウドンコは2・3年辛抱ですね。

投稿: toki | 2011年5月24日 (火) 22時03分

tokiさん、こんにちは。

地植えした後、地際からシュートが2本ほど出て、その先に花をつけているので、完全に根付いたかなと思っています。

上向きの花は新しいシュート、下の俯きの花は古い枝の花なので、来年以降がもっと充実しそうです。

ただ、、花はティー風なのですが、樹形や小さめの葉はチャイナっぽいかも。
葡萄紅やオールド・ブラッシュなどのように、片伸びしそうな感じ・・・

シャブリキンやブラバンのようなしなやかな枝ぶりと違うみたいなので、ある程度大きく育てて細い枝を生かせるようにできればと思案中。。。

>ウドンコは2・3年辛抱ですね

仰るとおり~~~
鉢植えの若いティーの株がけっこうやられてます。
やはり体力がつくと、負けないみたいですね。
(マルメゾンも多少ウドンコになりますが、放っておいても真っ白という事はなくなってます)

投稿: きゃらぼう | 2011年5月25日 (水) 11時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194339/40106558

この記事へのトラックバック一覧です: ル・パクトル:

« ミス・アトウッド | トップページ | 5月のティーローズ(2) »