« マリー・ジェーン | トップページ | 美里 »

シティー・オブ・ヨーク

City of York  (LCl)

5月後半、北側のバラの中で最後に咲き出した。

317_1 

307_1

309_1_2

144_1

316_1

300_1

296_1

シティー・オブ・ヨークとデュプレ・ア・フルール・ジョーヌ(N)、それぞれ枝が伸びてきて、今年初めてコラボが実現したが、、、

298_1

299_1

時期がちょっとずれて、ジョーヌがそろそろ終わりそう。

303_1

139_1

足元の西洋イワナンテン’レインボー’の花ともかろうじて咲き揃った。

132_1_2

上にではなく、横に枝を伸ばすタイプ。

昨年より枝数が多く、何本も細い枝が3~4m伸びているが、花数はたいして増えていない。

北側でほとんど日があたらないのと肥料もあげていないせいかな・・・

035_1

枝が伸びて、つかのまだが日があたっている。

|

« マリー・ジェーン | トップページ | 美里 »

クライミング(Cl)」カテゴリの記事

コメント

魅力的なバラですね~
私は去年、フェンスにサマースノーを植えたのが、今年はやっと綺麗に咲いてくれました。
でも、サマースノーは一季咲きなの・・
シティちゃんはネットで返り咲きと書いてあるけど・・どうですか?

投稿: macaroon | 2011年6月19日 (日) 00時01分

macaroonさん、こんにちは。

サマースノー、、、花付きの良い素敵なバラですよね。
シティはスノーほど房咲きにはならず、ちょっと控えめですけど、綺麗な蕊が魅力かなと・・・

株が小さいうちは春しか咲きませんが、生長して3~4年経ったら、秋も咲くようになりました。
といっても、我が家では日陰のせいもあるのか、返り咲くといってもちらほらです。

日当たりだと、もっと花数が増えるかもしれませんね。

投稿: きゃらぼう | 2011年6月19日 (日) 11時45分

良い感じに咲いてますね~~~~

何処かで丈夫そうに立派な房で咲いているシティーを見て困ったな~~~と思ったのですが、北側で育てられているシティーは好みです。
シティー・オブ・ヨークとデュプレ・ア・フルール・ジョーヌのコラボ良いですね。
来年が楽しみですね。
光に透かして写真撮りたくなる、綺麗なバラですよね。

好きなので窓辺に植えて有ったのですが、きゃらぼうさんを見習って窓辺は四季咲きが強い小さなバラにしたので、・・・
強選定で移植されたシティーは不調です。
2年ぐらい待たなくては。
日陰に移植したので、きゃらぼうさんの花を見て、良かった~~~とホッとしています。

今年はパークスが勝手に黄モッコウと一緒に咲いたりして楽しかったです。剪定や誘引の事を考えるとからめて育てるのは大変ですが、何もしていないので、お気楽です。
からんだ方がすきみたいです。

投稿: toki | 2011年6月19日 (日) 15時02分

ほんとうに・・・すてきですね。
やわらかい色がなんともすてきです。

薔薇ってこんなに色んな表情があるのですね♪

あの・・教えていただきたいのですが・・
このまえに薔薇の鉢をいくつか買ってあるのですが、小さな鉢を植え替えたいと思いのですが・・
植え替え時ってあるのですか?
秋でしょうか?

それと、つる薔薇を鉢で育てようと考えているのですが、鉢が小さくなってしまったらどうするのかな~?
場所を決め、やはり地植えのほうがいいのでしょうか?
悩んでいます(笑)

投稿: ムクムク | 2011年6月19日 (日) 22時20分

tokiさん、こんにちは。

日向と日陰では、花数も違うし花の表情も変わってきそうですね。
つるが伸びてきて朝日がちょっと当たるようになり、日に透ける様子が見れるのは予想外でした。
ジョーヌとのコラボが実現しましたが、どうも開花時期がずれそうなんですよ。
気温次第というところでしょうか。

tokiさんとこにもあった筈と思っていましたが、移植したんですか~~
旺盛に生長するバラは日陰でも大丈夫ですよね。

パークスと黄モッコウの取り合わせ、、凄く良かったです。
壁面仕立て(ですよね?)で自由に伸びている感じが素敵。
うちでも白モッコウとキャリエールがそういう感じにならないかな~と期待していますが、はたして・・・?

tokiさんのブログのロード・ペンザンスですが、作者についてや花鳥での様子等、楽しく拝見しました。
素敵なバラが次々と出てくるのが、楽しみでもあり、困るところでもあり、ですが。。。

七夕署名、、、私も送りました~~~

投稿: きゃらぼう | 2011年6月20日 (月) 11時43分

ムクムクさん、こんにちは。

バラというと日向のイメージですが、意外と日陰でも育つ品種もあり、綺麗に見える品種もあるようですよ。

鉢植えの植え替え時、、、
根をいじらず、ただ鉢から抜いて別の所に植え替える場合は、何時でもOKだと思います。
(基本的には植え替えは冬の休眠期という事になっているようですが)

つる薔薇は大きくなるものが多いので、鉢植えの場合は、順に大きな鉢に植え替えて、最終的には10号~12号位の鉢が必要になるんじゃないでしょうか。
地植えにすると大きくなりすぎるとか、場所がない場合は鉢栽培という事になりますが、たぶん1~2年ごとに植え替えしないとだめなのと、水遣りがかかせないので、手間がかかります。
地植えの場合は、伸びるので植え場所を考えることと、剪定・誘引の必要はあるけれど、本来の魅力を発揮できると思います。

ところで、つる薔薇というと、モーニング・ジュエルでしょうか?
お節介とは思ったのですが、ちょっと調べてみました。

Morninng Jewel (LCl)
(Large-Flowered Climber)
1968年 Scotland
Alexander M.Cocker(作出者)
Medium Pink(花色)
H300~400cm,W250cm
New Dawn×Red Dandy(交配親)
繰り返し咲き
 

交配親は、ツルバラとフロリバンダ。
このニュー・ドーンというパール・ピンクの花のツルバラ、、、以前うちにありました(姉宅に引っ越し)。
日向は勿論ですが、日陰気味でも生育する強健種です。
子供のジュエルも強健なツルバラのようで、枝が太くなって誘引がちょっと大変かも?
そう考えると、あまり大きくならないように鉢植えの方が良いかもしれません。
ただ、日陰気味の場所なら地植えでも、花数は少なくなりますが、優しい枝ぶりになるかもです。

ムクムクさんちの猫庭に造られた塀のような長さのある壁面やフェンス等に誘引すると、魅力も最大限発揮するし、太い枝も誘引しやすいんじゃないかと思います。
ツルバラというとアーチを思い浮かべますが、よほど大きいアーチでないと収まりきれないようです。

ゴールデン・セレブレーションのようなイングリッシュローズは、ツルバラほど伸びないので、鉢栽培でも大丈夫みたいです。

素人の一意見なので、参考程度にして下さいね~^^

投稿: きゃらぼう | 2011年6月20日 (月) 13時12分

きゃらぼうさん、署名ありがとうございます。

私も何かしたくて署名しました。

モッコウとキャリエール・・・素敵ですね~~~
来年が楽しみです。
どうも日陰の花が好きなようで、日当たりで大きな房のシティーを見たとき辛かったですよ。
肥料無しの日陰が良いんですね、真似しよう~~~

投稿: toki | 2011年6月20日 (月) 14時00分

tokiさんも日陰の花がお好きで、私としては心強いです。
昼でも暗いような日陰は無理と思いますが、明るい日陰なら育ちますよね。
日向で元気良すぎると感じるバラも、日陰では優しい枝になるように思います。花もしっとりした感じになるようですし。

肥料をあまりあげない方が生育がおとなしくなるかなとも思うのですが、万一枯れたらガッカリなので、1年おきくらいにはバイオゴールドのバラ用をちょこっとあげています。(この冬にはあげなかったし、昨年もあげたかどうか、、、かなり適当です)
鉢植えは肥料を欠かせませんが、地植えで大きく育っているものは、土が固くなったりしないようにとか土質に気をつけているつもりです。
土とバラの相性、日当たりの必要性、等々体験しないと分からない事が多いですね。

学生時代はデモとか(何のデモかは忘れましたが)参加していましたが、最近はなかなかそこまでできません。
せめて、募金とか署名くらいはしたいですね。
もっとも、いつまでも配られないような大きな団体には考えちゃいますけど。
大きな組織になればなるほど、寄付したうちの何割くらいが実際に役立てられるのかとか、軽快に動けるのかとか、前々からの疑問です。
で、今回はなるべく繋がりのあるようなところに協力させて頂きたいと思っています。

投稿: きゃらぼう | 2011年6月21日 (火) 12時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194339/40448690

この記事へのトラックバック一覧です: シティー・オブ・ヨーク:

« マリー・ジェーン | トップページ | 美里 »