« ラマルク | トップページ | セリーヌ・フォレスティエ(1) »

クレプスキュル

Crepuscule  (N)

183_1

182_1

098_2_1

103_1

咲き始めはオレンジ色が強いが、開くにつれてアプリコットに花色が変わってくる。

097_1

099_1_3

植えて以来まったく剪定していないので、枝は四方八方に伸びているが、花は昨年よりさらに少なくなっている。

隣家が迫っていて日当たり・通風ともに良くないので、花は多くないが、条件が悪いわりにはまぁまぁ大きく育っていて、丈夫な品種だと思う。

472_1

グランドカバーのヒメツルニチニチソウの上で咲いたり、

102_1

塀を乗り越えてお隣の方で咲いたりと、気が付かないうちに枝が伸びていた。

078_1

080_1

ちょびと一緒に。。。この塀は猫の通り道になっている。

ふだんは枝を間引くくらいで、あまり強剪定をしないが、あまりにも枝がひょろひょろ伸びるので、花が終わったら思い切ってブッシュくらいに剪定してみるつもり。

強剪定しても花が咲くそうだけど、秋の花はどうかな?

|

« ラマルク | トップページ | セリーヌ・フォレスティエ(1) »

ノアゼット(N)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~
これも綺麗ですね!いったい何株の薔薇があるのでしょうね~
もう~憧れですよ。
いつかこのようになればって思いながら薔薇を増やしていきたいですね~そして、名前も覚えなくっちゃ(笑)
花を見ただけで名前が分かるのですね!
すごいですよ~
我が家の薔薇の名前がふたつ分かりました!(笑)
ありがとうございます。

投稿: ムクムク | 2011年6月 6日 (月) 22時01分

こもれびさん、おはようございます。

大きく育っているのに花数が少ない???
それぞれ色んな性質が有るんですね~~~

伸びるのは楽しいですが、大きく育てると管理が大変ですよね。日当たりが悪いそうですが葉が綺麗ですね。
ブッシュの剪定どうなるのかな?
楽しみにしています。

投稿: toki | 2011年6月 7日 (火) 04時47分

ムクムクさん、こんにちは。

毎年新品種が作り出されていて、現在バラの品種数は5万とも10万ともいわれているそうです。
たまたま、うちにあるサフラノに似ているのと、複色花といえばチャールストンと思ったんですけど、合っているでしょうか。

魅力的な品種がきりがなくあるので、もう庭はいっぱい(たぶん本数は50~100の間)で植え場所なしと自分に言い聞かせているけれど、とまらないんですよ。

名前が分かっている方が、性質や伸び方など調べられて栽培しやすいんじゃないかと思います。
花だけでなく、強健さ、大きくなるかどうか、四季咲きか一季咲きかとかもバラ選びの基準かと。。。
それと、うちでは外猫達が庭にいるので薬と名のつくものは一切撒いていません。
病気や虫害で少々汚くなったり、丸坊主になったりするけれど、丈夫な品種は枯れる事はないようです。

お忙しいから無理なさらず、ぼちぼちバラが増えていくと楽しいですね。
遅ればせばがら、"Happy Birthday!"

投稿: きゃらぼう | 2011年6月 7日 (火) 12時13分

tokiさん、こんにちは。

大きく育っているといっても、枝があちこちに3m以上伸びているだけ。
日が当たらないから、花芽が育たないのかもしれませんね。

お隣にも伸びてしまって、手に負えなくなる前に、ブッシュにしようかと↑にも書いたんですが、昨夜、たまたま村田バラ園のHPに載っている、村田さんのバラ(特にツルバラ)の剪定に対する考え方を読んで、目下思案中です。

せっかく、ごつくない細い枝が伸びているので、枝数は減らして、伸びた枝の持って行き場所を考えようかと、、、
この花色は少ない花数でも日陰を明るくする感じです。それに、どういうわけか、ウドンコにもならないし、虫害も今のところ少ない。
けっこう丈夫で手がかからないノアゼットかもしれません。

投稿: きゃらぼう | 2011年6月 7日 (火) 13時14分

きゃらぼうさん、ごめんなさい。

真夜中にボ~~~とした頭で、
お名前を間違えています。

恥ずかしい限りです。
まだぼけたわけでは有りませんよ。

せっかく伸び伸び育っているのをやっぱり切るのはもったいないですね~~~
そのまま生かした感じで育てられる良い方法が見つかりますように。

投稿: toki | 2011年6月 7日 (火) 14時43分

tokiさん、どういたしまして。

近頃、自分自身のミスが多いので、かえって気が楽になります~~~

>そのまま生かした感じで

そうですよね。
自然樹形を、少し小型化できれば良いなと思います。
バラを選ぶ時、花だけでなく樹形も考慮したいので、tokiさんのように実際に見るのが理想ですが、なかなか・・・
特にティーは情報が少ないので、花だけでなく樹形(横張り、直線的、枝のしなやかさ、等々)とか他の要素もわかると有難いんですけどね。

うちで、予想外だった樹形は、ミス・アトウッド。
横張りに強い枝が伸びるので、これだけは結構バシバシ切っています。でも次々伸びてくるから相当強いみたいで心強いです。

投稿: きゃらぼう | 2011年6月 8日 (水) 08時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194339/40286176

この記事へのトラックバック一覧です: クレプスキュル:

« ラマルク | トップページ | セリーヌ・フォレスティエ(1) »