« 紫燕飛舞 | トップページ | ラマルク »

プレゼント・ヒル・セマタリー

Pleasant Hill Cemetery  (N)

Found Noisette , Found Tea

156_1

158_1

詳細不明のノワゼット。

秋に届いて、3月頃地植え。初めての春の花、小さな花が数輪咲いた。

329_1

323_1

327_1

349_1

細いしなやかな枝が四方八方に伸びているが、まだ50~60㎝ほど。

HMFによると200~300㎝くらい伸びるようだ。

中小輪の花と小さめの葉、しなやかな枝を持つバラ、、、ラマルクと花容が似ているという事だが、まだひとまわりもふたまわりも小さい。

326_1

|

« 紫燕飛舞 | トップページ | ラマルク »

ノアゼット(N)」カテゴリの記事

コメント

このバラ良いな~~~
と写真を見てたのしんでいます。

年々好きな花が小さく成っていきます(笑)
育てようかな?考慮中・・・

きゃらぼうさんは、色んな表情の写真を貼ってくれるので、楽しいです。

きゃらぼうさんとお知り合いに成らなければ、まだ今でもアブラムシ手で必死に潰していたと思います。お陰でテントウ虫も花蜘蛛も沢山いる庭に成りました。

投稿: toki | 2011年6月 7日 (火) 11時48分

tokiさん、こんにちは。

found Roseということですが、枝がしなやかなバラを希望したら、山崎さんのお薦めでした。

うちに来た時の状態、、同じノアゼットでやはり山崎さんの挿し木苗のレーブドールとはまったく違います。
レーブドールは1本強いシュートが出ていましたが、こちらは株元から放射状に5~6本、細いシュートが同じくらいの長さに伸びていて、いい感じでしたよ。
2~3mくらいの伸びみたいなので、それほど大型にはならないかも?
ティーのメイトランド・ホワイトと並べて、道路側のフェンス脇に植えましたが、メイトランドがちょっとアイスバーグの雰囲気なので、どう絡んで生長するか、期待半分、不安半分です。

写真は、ちょっとシツコイかなとも思うのですが、自分では気になった雰囲気を残したいと思ってついつい多くなってしまいます。
楽しいと仰っていただけると、本当に嬉しいです。

うちでも、潰したこともあったけれど、きりがなく、どなたかのHPで天敵の事が載っていたんですよ。アブラムシはほっといてもいつのまにかいなくなってますね。
今年は夜盗虫(たぶん)の被害が多くて、下草がほとんど食べられています。
雑草も食べられて、抜く手間が省けた感じだけど、最初から抜いておいて食べる草が無い方が虫が減るのか、
食べる草があるからバラにあまり被害がおよばないのか、
判断がつきかねています。
とにかく今年は虫が多いようで困りますが、こういう年もあってもしょうがないと、ちょっと成り行きまかせ気味です。

草笛の珍しいバラを見れて楽しかったです。
tokiさんの捉える場面がちょうど見たいところなのでなおさらだと思います。
私も大きな房より、パラパラと咲く方が好きです。

投稿: きゃらぼう | 2011年6月 7日 (火) 14時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194339/40245952

この記事へのトラックバック一覧です: プレゼント・ヒル・セマタリー:

« 紫燕飛舞 | トップページ | ラマルク »