« セリーヌ・フォレスティエ(2) | トップページ | ペネロープ »

デュプレ・ア・フルール・ジョーヌ

Desprez a Fleur Jaunes  (N)

5月に入って開き始め、日毎に華やかに。。。

053_1

049_2_1

047_2_1

043_2_1

北東に面していて冬は殆ど日があたらないが、春から夏にかけては朝早くから日が射している。

041_1

左からシティー・オブ・ヨーク(Lcl)が伸びてきているが、蕾はまだ固い。

025_1

026_1

ツキヌキニンドウも満開。

023_1

5月中頃、ほぼ満開になった。

右の方、道路側の方がより日が当たるせいか花付きが良い。

029_1

027_1

日向の花はピンクが発色。陰になっている花はアプリコットと、日当たりによって花色が違って咲いている。

048_2_1

昨年から伸びた枝、、、ほぼそのまま伸びた結果の花付きだった。けっこう枝は絡み合ってごちゃごちゃしている。

花が終わって新芽が伸び始めている今日この頃。少し枝を整理して、風通しをよくしないと・・・

|

« セリーヌ・フォレスティエ(2) | トップページ | ペネロープ »

ノアゼット(N)」カテゴリの記事

コメント

綺麗ですね!
これ、本当に美しいです!
花びらのなりたちが少し違うのですね。
こんなに立派に育てられたら本当に楽しいでしょうね(ため息)

投稿: ムクムク | 2011年6月11日 (土) 21時44分

きゃらぼうさん、こんばんは。

昨年お邪魔した時にジョーヌの葉が大きいな~~
家の狭いところで育てられているジョーヌと違うと思いました。綺麗に咲きそろいましたね~~
道路に面しているので伸び伸び出来てバラも幸せそう~~~ツキヌキニンドウとも色が合いますね。シティーオブヨークも間で咲いたら楽しそう~~~

家は細かい枝が伸びて狭いと花が重なってゴチャゴチャな感じになってしまいました。広い空間が欲しいバラです。素敵な花なのに撮す気持ちにも成りませんでした。伸びる場所を考えなくてはバラがかわいそうです。きゃらぼうさんのバラを見て反省しています。

投稿: toki | 2011年6月11日 (土) 22時52分

ムクムクさん、こんにちは。

こういう1800年代、1900年代作出のオールド・ローズは、モダンと花型や色合いの雰囲気が違うと思うんですよ。
季節によって形や色が変わるのも好きだし、100年も200年も受け継がれているので、私としては丈夫だなぁと思っています。

最後の写真の花は、ロゼット咲きに咲いてくれたんですけど、全部こういふうに咲くとは限らず、いろいろ。
安定しない点をどう捉えるかは好みでしょうか。

植えて4年目、、、やはり本来の姿を見れるまでは何年かかかりますね。
大きくなったらなったでどう維持するかの苦労もあるけれど、つるタイプは丈夫だから育てやすいと思います。

投稿: きゃらぼう | 2011年6月12日 (日) 12時37分

tokiさん、こんにちは。

>細かい枝が伸びて狭いと花が重なってゴチャゴチャな感じ

うちでもそんな感じですよ~~~セリーヌと比べると細かい枝がでる分、密集しています。
花が終わったら少し枝を減らさないと、病虫害が発生しそうです。

道路に面している分スペースがあるけれど、それでもセリーヌとデュプレが並んでいるので、私も枝の持っていき場所を思案中です。
本来の雰囲気をこわさず、でもあまり大きくならないように育つと良いんですけどね。

そういえば、ここは北側だからその分生長が抑えられているかもしれません。
バラは一概に日当たりが良くないとだめという事もないですね。

プロスペリティもうちでは普通に大房咲きでした。友人宅に引っ越しましたが、tokiさんちのような咲き方は良いですね。

投稿: きゃらぼう | 2011年6月12日 (日) 14時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194339/40354198

この記事へのトラックバック一覧です: デュプレ・ア・フルール・ジョーヌ:

« セリーヌ・フォレスティエ(2) | トップページ | ペネロープ »