« 原種のバラの花と実 | トップページ | 夏をのりきれるかな? »

エキナセア

バラがポツポツ咲いている7月の庭で、存在感を主張しているのはエキナセア。

036_1

エキナセア ’パープレア’

057_1

077_1

042_1_2

宿根するうえ、零れ種でもよく増える。

032_1

114_1

エキナセア ’ホワイト・スワン’

103_1

104_1

106_1

パープレアはよく増えるが、ホワイトスワンはそれほど増えていない。

066_1

エキナセア ’サンライズ’

他の2種にくらべて、生育がいまひとつ。

庭では、パープレアが一番元気で、よく増えている。

052_1

051_1

奥の方で咲いている、ベーシーズ・パープル・ローズ(HRg)。

葉が虫害でボロボロだが、1~2輪思い出したように咲いている。

078_1_2 

6月初め頃だったか、、咲き出したばかりの頃はまだ葉も綺麗だったのだが・・・

|

« 原種のバラの花と実 | トップページ | 夏をのりきれるかな? »

ハイブリッド・ルゴサ(HRg)」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

きゃらぼうさん、こんにちは。

ルキアエ宿根しているんですね~~~
バラの花が少なく成った今、咲いてくれると良いですね。
ベーシーズ・パープル咲いていますね、家はもう終わりました。実を楽しみにしていたに・・・・実は皆落ちてしまいました。
元気な株に成れば実も付くのかとしつこく期待しています。
ムシが多くて蕾がかじられてばかりなので、蕾を取ることにしました。

野放しで虫天国と成っています。足長蜂と蜘蛛を頼りにしています。

こんな育て方ほったらかしと同じかな????と自分の育て方に不安に成ったのですが、土が違うフカフカに成るように努力しているし、肥料もあげていると自分を慰めています。
虫と一緒のバラ栽培も昨年からなので、葉が無くなっていく様子を見ているのも・・少し辛いです。蜘蛛が喜ぶかなと気持ちを切り替えています。

投稿: toki | 2011年7月20日 (水) 09時59分

tokiさん、こんにちは。

パープレアは年々増えていて、今年はさすがにバラに近過ぎるものは、小さいうちにけっこう抜きました。やはりハーブだけあって、環境に合えば増えますね~~~

ベーシーズは、昨年大苗で来て、春の花は初めて。
最後の写真の花が、春の一番花で、この時くらいまでは葉が綺麗でしたが、それ以降は虫でボロボロ、、、
にもかかわらず二番花が咲いていますが、うちでも実は落ちています。
生長して、ある程度体力がつかないと実も落ちちゃうんでしょうかね~?

毎日みる事のできる庭ですが、それでも今年の虫の多さにはお手上げです。
齧られた蕾もですが、葉に潜る虫がいるような変色した葉や、萎れた新芽、二つに折れて卵を産みつけられたような葉を、専らチョキチョキ切っていました。(とても追いつかないですけどね)

<葉が無くなっていく様子を見ているのも・・少し辛いです

庭に昔からある庚申バラは、春の花後それこそ枝だけになっちゃいますが、今頃になると新芽が出て復活してくるので、私自身は葉が無くなる事にあまり抵抗がないかもです。(葉を失うと枯れるような品種は育てられそうもない?)

うちで困るのはコガネの幼虫です。
いつも気づくのが遅れて、毎年のように鉢植えのバラを枯らします。
先日、テレーズ・ブニエをやられちゃいました~(>_<)

虫も、イナゴの大群とかだと大変ですけど、だいたい天敵がいる筈だから、土作りとか風通し良くとか環境を整えて、手をかけるのは最低限で済むようなバラ栽培になると良いなと思っています。

こちらでは、イラガやチュウレンジバチの幼虫が出てきました~~~
カマキリが大きくなってきているので、期待しています。

投稿: きゃらぼう | 2011年7月20日 (水) 13時01分

そうですね、葉が無くなって枯れてしまうバラは育てるのが無理なバラと割り切れば良いですね~~~~
薬は使いたくないです。
良い虫まで殺してしまうし、土に影響が有りそうで・・・・・
きゃらぼうさんが居てくれるので、心強いです。

以前は時間が有ったので虫や卵探しをしたのですが、埼玉に居られる時間がだんだん短くなってきて、水やりと雑草取りだけで手一杯です。

家もイラガ出ましたが見つけたのが遅くて、4カ所で広がっています。
来ないように葉が茂らないように注意したのですが、無理でした。大きな葉のバラに来ますね。
お母さんも子供の事を考えて食料が沢山ある所に卵を産むんだな~~~なんて大きな葉を見て感心しています。

投稿: toki | 2011年7月20日 (水) 14時05分

tokiさん~~~

薬をいっさい使わないと言うと、Yさんには、病気には人間だって薬を遣うでしょう~~と言われます。仰る事も分かるんですけどね。
個人的に楽しむ分には、見た目が悪くてもバラの体力にまかせても良いかなと、、、
けっしてお粗末にしているつもりではなく、繊細なバラはうちでは育たないと思って、諦めて、他所で楽しむことにします。

毎年、鉢植えのコガネの被害に悩まされています。鉢の土なら、コガネ用の薬をいれても良いかな?とも考えたのですが、鉢底から流れ出た水を、どういう訳かボスが飲むんです。
やはり危なくて、いっさい使えません。

>水やりと雑草取りだけで手一杯

丈夫なバラなら、きっと大丈夫ですよ~~~
うちも、居ながらにしてもその程度しかしていません。
ティーが夏の花を咲かせていますが、花殻を摘まずにそれっぱなし・・・
手をかけなければかけないなりに、育ってくれそう~~~と都合の良いように考えています。

そういえば、イラガがついているのは大きい葉ですね。
レーブ・ドール、セリーヌ、シティー・オブ・ヨーク等々、うちでも大きい葉が狙われています。
気が付くきっかけは、白くレース状になっている葉!
チュウレンジバチは触っても被害ないけど、イラガがうっかり触れたら、大変な事になるので、厄介ですよね。
枝が好き勝手に伸びているので、触る前に気づいて良かった~~と思うことばかりです。


投稿: きゃらぼう | 2011年7月20日 (水) 16時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194339/40859018

この記事へのトラックバック一覧です: エキナセア:

« 原種のバラの花と実 | トップページ | 夏をのりきれるかな? »