« 日陰のブラッシュ・ノアゼットと猫達 | トップページ | エンジェルズ・キャンプ・ティー »

コント・ドゥ・シャンボール

Comte de Chambord  (P)

庭に来てもう3~4年経つが、早々に地植えして調子が悪く、その後鉢栽培でも一向に大きくならない。

かといって枯れるわけでもなく、思いだしたように1~2輪咲いている。

035_1

6月末に咲いた2番花。

033_1_2

陽が傾きかけて、ちょっと涼しくなっている庭の中央あたり。ボスとはな。

026_1

4月に咲いた1番花。

旺盛な樹勢と聞くので、そのうち伸びるだろうと期待しているのだが・・・

|

« 日陰のブラッシュ・ノアゼットと猫達 | トップページ | エンジェルズ・キャンプ・ティー »

その他」カテゴリの記事

コメント

なんだかバタバタしている間に、
色々アップされていて、楽しいです。

きゃらぼうさん、こんばんは。

昨年からブログを辞めると思いながら、
春に随分アップしてしまいましたが、
お休みですが遊びに来ますので、
よろしくお願いします。

良くないこととは思いますが、
猫が外でのんびりしている風景は大好きです。
家で生き物を飼えない人にとって野良猫は良いのに~~と猫の事も考えないで思っています。
家の近所も野良猫が随分減りました。
猫が嫌いな人が居るので仕方ないことです。

ボスちゃんやはなちゃんは飼い猫なんですよね。

3年も4年も育てて元気のでない株有ります・・・・ほっておくと急に元気に成ったりするバラも有るので困るのですが、我慢できずに同じバラを買いたく成ったりしています(笑)

投稿: toki | 2011年7月 6日 (水) 21時30分

tokiさん、こんにちは。

これから先、ますます記憶があやしくなっていくでしょうから、ブログは自分の為の記録帳と捉えて、自己満足の写真をアップしていますが、こんなブログでも遊びにいらして下さって嬉しいです。

tokiさんがお休みされるのは、とても寂しいですが、気が向いたらお喋りしにお立ち寄り下さいね。
バラのお話などとても楽しいです。

きちんと避妊・去勢をしてある野良猫ばかりだと、安心して外の猫達を見ていられるんですけどね。(外出先で外猫を見かけると、ちゃんと暮らしていけてるかなとか気になってしまいます)
路地や高い所でのんびりくつろいでいる猫を見るのは、和みます。
ボスもはなも、数年前から近所で見かけていた猫で、去勢手術後、庭に居付いてしまいました。
何軒かのお宅で、ごはんをあげていたみたいですが手術までする方は少ないですね。
ご近所から、お宅の猫ちゃん?と聞かれるので、面倒をみていますと言っていますが、外にいるコは交通事故とか心配です。
でも、内猫達との相性もあるので、元気なうちはお外で暮らしてもらおうと思っています。
鈴菜のように、病気になったら外では厳しいので、家の中に入れるつもりでいます。
たまたま、面と向かってご近所から苦情を言われていないので幸いなのですが、嫌いな方にとっては迷惑でしかないでしょうね。

なかなか大きくならないバラ、tokiさんとこでもありますか・・・
辛抱強く待って、伸びるものもありますね。
このバラも、地植えしちゃおうと思います。それでだめなら仕方ないと、ふんぎりがつきます。

足の痛みは良くなりましたか?
足や腰はいためると大変、、、お大事にして下さいね。
ロサ・ダヴィデもカモシカの表情も、何回も見てしまいます。
tokiさんが写真で見せて下さって、色々な想いです。残されたものも一生懸命ですね。

投稿: きゃらぼう | 2011年7月 7日 (木) 13時41分

おはようございます。
きゃらぼうさんの庭でもあるんですか。
なかなか思うように育ってくれないのが・・
気長に待つことですか~(笑)

外猫で元気で走り回ってくれているのが私の理想ですね~ただ、やはりご近所がね。
嫌いな人はぜったいに嫌らしいものね。
猫が自然の中に居るのが理想でも、こればっかりはうまくいきませんよね。

余談なんですが
前回に住んでいた隣の方が垣根のよこに
猫缶にオルトランを入れて置いてました。
猫が食べて・・・と思われたのでしょうが見つけた私は証拠の為にラップに包み冷凍しておきました。
毎日、置かれたました。
そのつど、こっそり私が破棄。
そんなん猫は食べませんよ~って教えてあげたかった。毎日まいにち、こっそり置くひとと、こっそり捨てる私。
いくら餌がなくなっても猫の数が減らないので諦められたようでした。

この行為がすごく怖かったので今のところに引越しをしようって思ったきっかけです。

オルトラン・・・たぶんそれだと思うのです。
保険所で検査をしてもらうのは、かなり色々と難しいようでしたので・・動物には効きませんがすごく嫌でしたね。

お隣さんは、いつも親切でにっこりされているのに・・・裏の顔が怖いかった。

愚痴でした~

投稿: ムクムク | 2011年7月 8日 (金) 06時40分

ムクムクさん、こんにちは。

面倒くさがり屋なので、手のかからない、ひとりでに育つようなバラを選んでいるつもりなんですけど、土質など環境に合わないものは、強健種といっても大きくなってくれないみたいです。
ひょろひょろでも根が張っているものは、気長に待つと大きくなってくれますが、ちょっと引っ張ってスポッと抜けてしまうバラは、うちの環境には合わないと思って諦めちゃいます。

犬は規制されて放し飼いは見かけませんが、外で猫を見るの普通の光景ですよね。
もっと車でも人でも優しくしてくれれば、猫も安心して暮らせるのに。

猫缶にオルトランですか~~~
あれは臭いがけっこうしたような?
猫は匂いで食べるから(風邪ひいたりして匂いを感じないと食べませんよね)、そんな変な臭いがするものは食べないと思うけれど、毒を入れたという行為が怖いですね。
ムクムクさんが気がついてよかったです。

こちらの方でもたまに、毒が撒かれて、食べた犬や猫が死んだという話を聞きますが、命をもっと大切にする世の中になってほしい、、、命を粗末にする人は、やがては自分に報いが返っていくんだから~と思う事にしていますが、腹がたちます!

ご近所さんは大事ですが、そのお隣さんのように裏と表があるタイプはストレスです。思い切ってお引っ越しできてよかったですね。
うちも10年位前に誰かわかりませんが、保健所に通報された事があります。
野良猫が集まって迷惑しているという内容でしたが、職員の方が見に入らして、そういう形跡はないと確認して下さいました。(なるべく避妊・去勢手術をしている事なども話したし)
たまたま外から見える場所でご飯をあげていたのを見られたのかなと思うんですが、そんなに何匹も集まっていたわけじゃないのに通報する人がいたのは、ショックでした。
苦情が耳にはいってこなかっただけで、面と向かって言われなかっただけで、陰では言われていたのかもしれません。

犬や猫が好きと公言する人とは安心して話せますけど、好きとか嫌いとか分からない人には、本音は言えません。

投稿: きゃらぼう | 2011年7月 8日 (金) 12時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194339/40697431

この記事へのトラックバック一覧です: コント・ドゥ・シャンボール:

« 日陰のブラッシュ・ノアゼットと猫達 | トップページ | エンジェルズ・キャンプ・ティー »