多肉植物

夏の多肉

今年も7月のお盆のころから、水遣りしていない多肉植物。

007_1_3 

昨年ほどの猛暑ではなかったこともあり、なんとか暑さをのりきりそう、、、

008_1

013_1

寄せ植えセンペル、、、子吹きしているものもあるが、危なそうなものもいくつか。。。

植え付けた時とあまり変わらないのが、ちょっと寂しい・・・

009_1_2

010_1

011_1

アドロミスクスも徐々に株が大きくなってきた。

もうそろそろ、水遣り開始かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寄せ植えセンペル

5月に、もと兄さんから頂いたセンペル達。

298_1

299_1

名札が外れてしまい、寄せ鍋用にと頂いたもの。

ちょうど空いていた鉢に全部収まって、1種ずつ名札を立てているよりこちらの方が良さそうな気がする。

069_1

子株が増えてきたらこちらも寄せ植えにしたいと考え始めた。

297_1

銀波錦(ベンケイソウ科コチレドン属)

下葉が枯れて上へ上へと伸びているが、5月頃花芽らしきものが顔を出した。

065_2_1_2

067_2_1_2

2~3日前の様子。

葉が落ちていった茎と花芽の茎が目立って不格好。

仕立て直せるのか調べなくては。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

多肉の花

春は多肉達も花が咲いている。

057_1

ヒントニー(セダム)

059_1

ブベスケンス(クラッスラ)

061_1_3

花うらら(エケベリア)

065_1

ピンキー(ハオルチア)

066_1

フィリカウリス・シルバーリーフ(アドロミスクス)

花茎らしきものが伸びてきたが、花芽はどこ?という感じ・・・

060_1

巻絹(センペルビウム)

子株が伸びてきた。センペルは花を咲かせると枯れてしまうそうで、センペル歴まだ1年半程のせいか花を見た事がない。

028_1

030_1_2

125_1

センペルを頂いた事がきっかけで入り込んだ多肉の世界。

センペル、セダム、アドロミスクスくらいに限定を心がけている。さもないといつのまにか増えて手に負えなくなるからね。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

春の多肉

バラなど他の植物に目がいきがちだけど、多肉も春らしく生き生きと変化してきているこの頃・・・

034_1

花うらら(エケべリア)の花。

025_1

プべッケンス(クラッスラ)    紅葉してきて、花ももうすぐ咲きそう。

028_1

ヒントニー(セダム)     もこもこっと大きくなってきていて花穂らしきものが出てきた。

036_1

ガゼル(センペルヴィヴム)    子株もちょっと大きくなっているかな?

030_1_2

他のセンペル達、、、縮こまっていた葉が開いてきた。

035_1

白雪みせばや(ハイロテレフィウム)

052_1

ルビー・ネックレス(セネシオ)

037_1

子持蓮華(オロスタキス)    名前のとおり子供がいっぱい・・・困るくらい増えるかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1月のアルシデュック・ジョゼフ(3)

1月10日頃のアルシデュック・ジョゼフ。

冷え込んできていたにもかかわらず、蕾が固まることなく次々に開いている。

030_1

050_1

098_1

044_2_1

038_2_1

070_1

071_1

地植えにして3年目、、、花殻をとるくらいであまり切り戻していないため、3m近く枝を伸ばしている。

066_1_2

地植えのセダムも元気。

059_1

紅葉しているコバノランタナ。

017_1

ベンケイソウ科セダム属オーロラ

062_2_1

ベンケイソウ科アドロミスクス属スフィノフィルス

アドロの花はものすごく地味。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

1月のバラ(1)

暮れからそれほど冷え込まなかったせいか、エンジェルズ・キャンプ・ティー(Found Tea)も蕾が無事に開いてきた。

008_1

12月末はこんな感じで開くかな~?と思っていたが、、、

091_1

089_1

090_1

095_1

1週間くらいかけてここまで開いた。

北側で直射光が当たらないので、これ以上は無理かもしれないが、よくぞ咲いてくれたものだ。

032_1

レインボー(T)

038_1

035_4_1

12月に蕾がほぐれ始め、南側の日当たり良い場所なのでもっと開くかと思っていたら、ここまで・・・

年は越したが、3日にはこれ以上開くことなく萎れてしまい、残念でした。

019_1

キク科セネシオ属ルビー・ネックレス(紫月)

Img_5485_1

春になるとキク科ということがハッキリするような花をつける。

Img_7953_1

ベンケイソウ科エケべリア属花うらら

夏の間、ほぼ緑一色で変わり映えのしなかった多肉達も紅葉し始め、楽しい季節になってきた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

バラと多肉と猫と・・・

いよいよ今年も後わずか。

大掃除などあまりしないつもりでも、ガラスくらいは綺麗にしなければとやり始めたらきりがなくなって、掃除で一日がおわってしまった。

033_1

056_1

ベンケイソウ科コチレドン属 銀波錦

141_1

心配した夏もなんとか越して、紅葉しはじめている多肉達。

016_1

020_1

アルシデュック・ジョゼフ(T)

063_2_1

ブラッシュ・ノアゼット(N)

125_1

掃除のために窓を開けたら、さっそく夢雲が外の様子を覗きにきた。

124_1

132_2_1

130_1

猫の手も借りたい忙しさなど、どこ吹く風、、、

まぁ~邪魔しないだけ良しとしなければ。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

12月のミス・アトウッド

11月初めに咲きだしたミス・アトウッド(Found Tea)。

一斉に咲かずに、代わる代わるゆっくりと咲いているが、気温が下がるにつれて花形も変わって咲いていた。

011_2_1

005_2_1

11月初めのミス・アトウッド。

005_5_1

004_3_1

025_3_1

続いて咲いた花は、花弁の数も反り返りもいくらかあっさりめ。

133_1

131_3_1

129_1

152_2_1

151_1

149_2_1

146_3_1

先週までは暖かだったので綺麗に咲いていたが、それにしても咲く花ごとに花形が変化して面白い。

まだ小さな蕾がいくつかあるが、さすがにこの冷え込みではもう開かないかな?

072_1

綾桜 (ベンケイソウ科センペルヴィヴム)

センペルの中では大型かな?夏前のまだ紅葉している姿。

106_1

無事に夏をのりきって、子株も大きくなってきたので、先日切り離して別の鉢に植えたが、ちゃんと根付くかちょっと心配・・・

001_1

今朝のヒーター前の沙羅&綺羅々。

002_1

010_1

東京ではこの冬一番の冷え込みということで、今日はにゃん達もリビングに集まっている。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

リビングからの様子

一日のうちで一番居ることの多いLDK。庭に面している窓の外は3畳分ほどのデッキ。

ここはシベリアン・ハスキーのために作ったのだが、今では多肉達に占領されている。

キッチンで洗いものをしながら柿の葉の緑やバラなどの花も見れて、家の中で一番好きな場所。

028_1

026_1

042_2_1_2

034_2_1

デッキのすぐ向こうでは、ソンブレイユ、アリスター・ステラ・グレイ、スヴニール・ドゥ・ラ・マルメゾンなどが繰り返し咲いている。

012_1

123_1

ソンブレイユ(LCl)  一番花より一回り小さいが花びらの重ねの多さは変わらず・・・

018_2_1

017_1

アリスター・ステラ・グレイ(N) 成長がゆっくりだったが(うちでは)、ここにきてようやく伸びてきた。

928_1

929_1

Dsc_0004_1_2

スヴニール・ドゥ・ラ・マルメゾン(B)  春の花はボーリングしたり花びらが傷んだりと、なかなか綺麗に咲かなかった。

本来の花とはちょっと違うけれど、これはこれで可愛らしい。

7月に入り、バラたちも最盛期を過ぎて、これからはぽつぽつと咲いてくれるのを楽しむ時期。

ちょっと手抜きをしていた多肉植物も久々にチェック・・・

035_1

056_1

銀波錦(コチレドン属)

036_1

向こう側ー白銀の舞(カランコエ属)     手前ー紅司(エケベリア属)

072_1_2

綾桜(センペルヴィヴム 属)   大型のセンペルで3号鉢でちょうどだったが、子吹きしてきたのでそろそろ鉢増ししないとね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)