クライミング・ポリアンサ(Cl Pol)

フィリス・バイド(3)

いろいろな花色、花形に変化しながら咲いているフィリス・バイド。

251_1_2

082_1

394_1

395_1

417_1

084_1

085_1

239_1

468_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フィリス・バイド(2)

咲き始めのオレンジ、サーモンピンク、イエローが見られる花色はすぐに変化していくが、花持ちが良く2週間くらい咲いている。

586_1

585_1

092_1

250_1

花径5~6cmくらい、中輪房咲きのフィリス・バイド、、、一緒に咲いているレーブ・ドールより花も葉もひとまわりは小さい。

436_1

093_1

365_1

最終的にグリーンがかった白い花色になるが、様々な色合いの花を長く楽しめる事も魅力。

392_1

403_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フィリス・バイド(1)

Phyllis Bide  (Cl Pol)

1932年  イギリス  Bide

437_1

406_1

401_1_2

083_1

107_1

396_1

432_1

418_1

415_1

431_1

小さな新苗を鉢で育て始めたのは7~8年前。

1.5m位に伸びて花も咲き始めた頃にコガネの幼虫の食害で★になりそうになったが、ダメもとで地植えにして2年目の5月、見事に復活。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の花(こぼれ種)・・・2

毎年、必ず芽が出てくるガウラ。

宿根もするけれど、新しく伸びてくる方が綺麗に咲いている。

064_2_1

065_3_1

ガウラ(コロナ)

本来は白とピンクのグラデーションの筈が、こぼれ種のせいか色の出方が不安定。

040_3_1_2

921_1

ガウラ(リンドハイメリー)

043_2_1

庭の真ん中で大株になっている。

1m以上伸びているが、ちょうどグルス・アン・アーヘンやティー・ローズの枝が支柱の役目をしていて倒れるのを防ぐと同時に、バラの葉がなくてもたいして目立たなくて一石二鳥かな~?

006_1

フィリス・バイド( Cl Pol)の花。もう散りそうで散らない・・・

162_1

160_1

1週間位前、ポツンと花をつけていた。

これで秋まで、しばらくお休みかな・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)